So-net無料ブログ作成
検索選択

織田裕二の椿三十郎を観る。 [映画]

 

黒澤明監督の「椿三十郎」のリメーク版が森田芳光監督によって作られ、12月1日から

公開された。

映画の日とあって大人すべて1000円のサービスの日だったのだが、お客の入りは

今一つだった。

45年前の三船敏郎が演じた椿三十郎のイメージが強烈に残っているが、織田裕二の

ニヒルさもよかった。

藩の不正を暴くために立ち上がった9人の若侍たちを、荒削りで無頼な浪人の椿三十郎が

勝手に助けるという時代劇。

飛び抜けて強く知恵者の椿三十郎と何とも腰抜けな9人の侍たちとのアンバランスななかに、

謀反を企てる悪者たちの集団が撃破されるという痛快娯楽版。

三船・三十郎の本家を超えるのはなかなか難しい事とは思うものの、織田・三十郎も殺陣に

工夫を凝らしたりして、現代的ヒーローの「大活躍」は、若者たちに受けるかもしれない。

中村玉緒や藤田まことなど助演陣のおとぼけも楽しめた。

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。