So-net無料ブログ作成
検索選択

ペリリュウ島のピークに追い詰め、そして「玉砕」 (8) [パラオ]

 

ペリリュウ全島が石灰岩質だろうか? 水戸山の「千人洞窟」はじめ、自然の洞穴を

そのまま将兵の指揮所や軍人の居住空間や、塹壕や弾薬庫に使用しているのが

随所に見られる。 思いもよらない無人島に「見張り所」があったり、洞窟から海上

すれすれに砲身が向けられているなど、太平洋戦争時の守備隊の状況がうかがえる。

中川州男守備隊長終焉の地周辺の洞窟は、夥しい数であり、大山と称されるピーク

は、その頂上である。

最後の56名が追い詰められたのがこの地であろうか、今では115段の階段が付け

られこの聖地に上がれる。

360度が見渡せるピークには、アメリカ海軍による記念碑が建てられており、飛行場

跡やオレンジビーチも眼下である。

島が珊瑚礁に囲まれていることが、周囲の白波でよくわかる。

今、このピークに立って、青く澄み渡った空、緑豊かな島、コバルトブルーに輝く海を

みると「なんと平和な島だろうか」と実感し、愚かな戦争をしばし忘れさせられる。

また、アンガウル島を見渡せるペリリュウ島最南端には、ペリリュウ平和記念公園が

設けられ、重厚なモニュメントがある。

   

   


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 2

コメント 1

toyoichi

>たねさん
いつも見ていただきありがとうございます。
これからも、平和な世の中を守って生きたい
と思います。
by toyoichi (2008-02-18 16:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。