So-net無料ブログ作成
検索選択

南京大虐殺の証言記録。フイルム上映会。 [映画]

長崎市西坂町の26聖人記念館裏に所在する「岡まさはる記念

長崎平和資料館(長崎大学名誉教授・高實康稔理事長)」では、

主として中国、朝鮮侵略時の日本の蛮行や日中戦争の残虐な

加害責任が問われる資料などを展示して、戦争の反省と啓蒙

活動を通じ、不戦を誓い、平和希求を目指している常設館である。

活動の一環として、定期的に貴重な証言記録などのフイルム

上映会を開催しているが、4日はチトセピアホールで、南京大虐殺

に関わった加害兵士と被害者の証言で解き明かされた真実

「南京・引き裂かれた記憶」を一般公開した。

監督は数百人もの人々に取材して映画を作った動機を、「祖父が

お酒に酔うと、中国人の亡霊に怯えて日本刀をむちゃくちゃに振り

回していた」との父の話から、「祖父も加害者だったのではないか?

との思いからだった」と壇上から心境を語った。

081004_1352~0001.jpg  081004_1528~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。