So-net無料ブログ作成

新大工町。くんち打ち上げ会。 [長崎くんち]

諏訪神社374年目の伝統を持つ「おくんち」に、曳壇尻と詩舞を納め

絶賛を博した新大工町は、「くんち」からちょうど1ヶ月目の11月7日に、

長崎夜景のベストビューポイントとされる西坂の丘の高級料亭「紅葉亭」

で総勢200人近くの関係者を一堂に集め、盛大な打ち上げ会を行った。

唯一来賓招待を戴いた私は、挨拶の冒頭にありったけの大きな声で

いきなり「モッテコーイ、モッテコイ。ショモーヤレ、ショモーヤレ」を連発して、

一気にくんち気分を盛り上げた。完璧な技を駆使して満足感に浸っている

曳壇尻の采振りや根曳きや鐘太鼓などの囃し方が、引き物無しで祭りを

演じた。また、鶴洲流の朗々とした吟に合わせて、詩舞を奉納した10人の

乙女たちは、それぞれのベストドレス姿で舞台上に一糸乱れぬ舞を再現した。

髪をキリリと結い上げた袴姿での詩舞も良かったが、それぞれの個性的な

ドレス姿での詩舞もまた気品のあるお色気が漂っていて、万雷の拍手を浴びた。

3時間に及ぶ大宴会は、更に7年後に巡ってくる踊り町に向けての新たな

トキの声でもあった。

081107_1823~0001.jpg  081107_2004~0001.jpg
081107_2106~0001.jpg  081107_2113~0001.jpg
081107_2112~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。