So-net無料ブログ作成
検索選択

済生会長崎病院内覧会。最先端医療機関完成。 [よろこび]

社会福祉法人・恩賜財団・済生会支部の「済生会長崎病院」(和泉 元衛院長)では、

8月1日(土)の移転新築開院を前に、7月25日(土)、26日(日)の両日、関係者への

内覧会を開催された。

ご案内を頂き、この場所に保健、医療、福祉の拠点を設ける事に全力をあげて来た者として、

その完成を喜びいち早く訪問した。済生会長崎病院は、長崎市の医療情勢を先取りして、

地域の病院、診療所と連携した「入院特化型急性期救急病院」として、患者さん主体の

最適な環境と行き届いた医療スタッフで、最先端医療を供給する中核的な総合機関となる。

エントランスからしても、廊下や病室など全てにカーペットが敷かれ、まるで最新式の

ホテルを思わせる快適空間である。

救急受付と処置、一般外来、健診、検査、診療、手術室などのすべてが電子システム

結ばれ、放射線もフィルムレス、リアルタイムに必要な処置が行え、カルテも当然ながら

電子化されている。

4階から8階の科目別病室205床の全てがシャワー、トイレ付きの個室で、70の特別室

以外の一般病室は個室料金不要で、プライバシーが保護され、家族の休養も可能である。

屋上には長崎市内唯一のドクターヘリポートが設けられ、エレベーターで処置室まで直結され、

大村医療センターのヘリコプター基地から、僅か5分で結ばれる。

一時期、済生会病院の市外転出方針が示されたため、全知全能を絞り、体を張って

地域運動を組織し、行政を巻き込んで、ようやく片淵地区に存置を確定させ、ここに安全・

安心拠点の機能が完成した喜びは、幾多の困難があっただけに、まさに感無量である。

090725_1309~0001.jpg   090725_1310~0001.jpg
090725_1327~0002.jpg   090725_1359~0001.jpg
090725_1341~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。