So-net無料ブログ作成
検索選択

「被爆者との交流」―語る会―。原水禁大会のひろば。 [原爆]

被爆64周年目の原水禁世界大会長崎大会行事のうち、8月8日の分散会

「被爆者と語るひろば」として、長崎県被爆者手帳友の会平和祈念会館が

今年も会場に選ばれた。

10時の開会を前に、北海道福島、茨城、東京神奈川大阪広島福岡

熊本、鹿児島など、全国各地から凡そ30名を迎えた。

友の会会員の中から3名が被爆体験を語り、また、長崎放送(株)が平成11年に

収録した体験ビデオを放映し、理解を深めていただいた。

話をしながら「被爆者は毎日が原爆の日」であることを訴えると、涙する人々もいて、

ただ一発の核兵器がもたらした惨たらしさに、改めて怒りの声も挙がった。

原爆の実相を初めて見聞した教師は、子どもたちに語り継ぐ感覚をつかめたように

思うと感想を洩らされた。

090807_1202~0002.jpg  090808_1148~0002.jpg
090808_1147~0001.jpg  090808_1149~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。