So-net無料ブログ作成
検索選択

パラオのケルビン君から電話。「11月に行く」と約束。 [パラオ]

ケルビン君は、パラオ共和国の親しい友人である。また、亡妻和子の「墓守り」でもある。

パラオを初めて訪れたのは、1996年2月であった。和子とたった2人で、独立間もない

パラオを訪問した時、全く知人は無かった。

当時の長崎地区労中嶋照次書記長から話を聞き、「キッタレン」(心一つに)の指導メンバー

の一人で国会議長のピーター・スギヤマの名前だけを覚えて、旅立った。

空港からホテルまで荷物を運ぶ青年の「ジョウ君」に案内を頼んで、ピーター・スギヤマ氏と

会った。国会議長と言っても、パンツランニングシャツだった。

気さくな人で日系二世の彼は、その夜「キッタレン」の仲間を自宅に集め、私達2人の

歓迎パーティを開いてくれた。その席で使い走りをしていた青年が、ケルビン君だった。

語らいの中で、「活動用に車が必要」との希望を聞き、帰国後に、中古車スカイライン

1800ccライトバンを完璧に整備して別送し、その年の7月に再訪した。

以来、大袈裟に言えば「国賓扱い」となった。

青い空と広く碧い海に和子は魅了され、2人は毎年訪れた。案内人は常にケルビン君である。

2004年2月に亡くなった和子の思いを汲んで、その年の8月、家族全員でパラオの

ゲレメアウス島に一部を散骨した。

毎年の旅は続けており、美しい砂浜にケルビン君が摘んできた花々を広げ、その中に

写真を置いて供養したあと、敷き詰めた花々を海に流すのが常である。

ケルビン君からの電話は今年になって4回目。

「兄さん!まだ来ないの?」、「うん。必ず11月には行くよ」と約束した。

090903_0836~0002.jpg  090903_0837~0002.jpg
050728_2311~001.JPG  060730_1017~0003.JPG
060729_1240~0002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。