So-net無料ブログ作成
検索選択

9月定例市議会閉会。全26議案を提案通り可決。請願1件は不採択。 [市議会]

9月1日(火)から開かれていた長崎市議会定例会は、18日(金)10時から

本会議を開き、各常任委員会で審議されてきた21件の議案及び、

分割審議されてきた「平成21年度一般会計補正予算」(第4号)を可決した。

なお、「最低保障年金制度の創設と生活実態に見合う年金の引き上げを

求める請願」は不採択となった。

委員会付託を省略した人事案件など3件と報告3件は、満場一致で承認された。

また、今後、閉会中の審議に委ねられる平成20年度の各会計決算報告議案1

6件が追加提案された。

更に、「議会基本条例検討特別委員会」を設け、来年度にわたって調査検討する

事となり、委員13名を選出し委員長に小森あきと議員(自由民主党)を選任して、

11時50分に閉会した。

090908_1604~0001.jpg  090908_1605~0002.jpg
090908_1605~0003.jpg  090908_1603~0002.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 2

喝っ!!

長崎市議会議員板坂博之(長崎市大手町)、小宮慶一(長崎市脇岬町)佐藤正洋(長崎市西海町)3氏と市職員3人は市内居酒屋で高校野球の優勝高校をあてる賭博をしていた。
長崎県警は立件しないことに決定したが、1ヵ月半も捜査の結論が出され、念には念が入ったものである。
始末書をとられ苦渋の判断で無罪となったものの、市民の付託を受けた議員が無罪であれ何であれ、資質にかける破廉恥なことには間違いない。テレビ放映では迷惑をかけました。
あたかも反省したような顔をして、一歩外にでれば、「誰でもしよることさ」と反省どころか、あたかも正しいことを行ったかの如くの振る舞い、開いた口が塞がらないとはこのことです。
長崎市民として、有権者として恥ずかしいことです。
今日、長崎市役所付近で街宣右翼が小宮市議会と佐藤市議2人の野球賭博についての糾弾街宣活動を行っていました。
立ち止まり聞き入る街の人の話を拾ってみました。
A「野球賭博の議員は3人だっただろう。」
B「そう3人だった。何で2人しか名前ば言いよらんと、1人抜けてるぞ。
誰かな、思いだした板坂と言う議員が抜けとるばい。」
A「どうして抜けとっとやろうか?」
C「板坂さんが街宣しよるとやなかろうか?そうやろうか。ちょっとまて見てみっけん。」
B「違う違う。板坂は車には乗っとらん。」
C「間違いなかか。お前は板坂さんを知っちょとか?
B「知っちょる。賭博の胴元みたいな顔した人やろもん。」
A「分かり易いがそんな感じの顔ばい。しかし、どうして板坂さんだけが糾弾されんとやろうか?」
B「分かったぞ。右翼の事務所の近くに住んどるからったい。」
A「よく分からんがそうかも知れん。」
電車が来たぞ。早く乗ろう。
C「街宣車からは小宮慶一~佐藤正洋~の二人の議員だけの名前しか連呼しちょらん。明らかに胴元みたいな顔をした人物の名前が抜けちょるばい。」本当に不思議なことです。


by 喝っ!! (2010-10-18 08:00) 

喝っ!!喝っ!!喝っ!!

追記
板坂、小宮、佐藤に潔さを求めるのは、今の中共に「誠実・正直」を求めるようなもんでしょうか。ところで板坂が市管理職員9名と飲食していた居酒屋は「夜の市長室」とか「第2市役所」と呼ばれているそうです。病院局の片岡課長は夜の副市長だったんでしょうか?それと長崎市の西崎(元収入役)三浦(元観光部長)、野田(現企画部長)は古くからのマージャン仲間ですが、西崎と三浦は同じ卓を囲むことはあっても、野田は西崎とも三浦とも同じ雀荘にいても同じ卓を囲んでマージャンも人事の話もしたことないと嘘ぶいてますが、同時期に同じ雀荘に出入りしていたのは間違い事実のようです。したがって人事の話は実話ですな。

by 喝っ!!喝っ!!喝っ!! (2010-10-20 13:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。