So-net無料ブログ作成

ヒバクシャ・吉田勝二さん(78歳)を悼む。 [原爆]

長崎県立長崎工業学校造船科に在学中、13歳で原爆の熱戦を浴び大火傷にあい、特に顔面に深い傷跡を残して、差別と故なき言葉の中傷に苛まれてきた少年時代には、自殺を考えたと言うギリギリの瀬戸際から平和の発信者として立ち上がり、自らの体をさらして、原爆の無惨さと非人間性を訴え続けて来た被爆語り部吉田勝二さんが亡くなった。顕著な原爆症のガンが死因だった。個人的にも、3男が吉田さんの長男と同級生だったこともあり、幼い頃大変にお世話になった過去がある。「人の痛みがわかる心を持つこと」と訴えていた吉田勝二さんは、やはり、ピカドンに命を奪われた。改めてやすらかな眠りにつかれるよう安寧を祈る。
100403_0123~0001.jpg100403_0126~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。