So-net無料ブログ作成

日韓併合100年。長崎では、教会建立400年・中町教会で日韓合同のミサ。 [できごと]

豊臣秀吉の朝鮮侵略時に、日本に連行された朝鮮人が、長崎に建てた「サン・ロレンソ教会」

の建立400年を記念して、カトリック中町教会で大規模なミサが開かれた。

韓国からは、李 文煕大司教、帳 益司司教を含む70人規模の大巡礼団が長崎を訪問され、

長崎のカトリック関係者120余名と共に、このミサに参列し、信仰を通じた日韓交流が実現した。

記録によれば、「サン・ロレンソ教会」は、1610年に建立されたが、10年後には、江戸幕府の

禁教令により破壊された。

時あたかも日韓併合100年の節目の年に当たる今年、日韓のキリスト教関係者の協力によって

「教会建立400年祭」が実現した。カトリック長崎大司教区の、高見三明大司教は、

説教で「きょう、菅 直人首相が首相談話を発表されたと聞いたが、私は敢えて『侵略』という

言葉を使わせて頂くが、侵略によって朝鮮半島の人々を苦しめ続けて来たことを、一司教としても

心からお詫びしたい。両国民は、和解、信頼、連帯のもとに平和な関係を築いて行くべきである」

と真摯に訴えられた。

「サン・ロレンソ教会が在った場所」は、旧高麗町、現在の伊勢町・伊勢神宮付近だと思われるが、

正確には判明していない。

韓国におけるカトリック信者の存在は、この時代より浅い歴史として伝えられており、400年以前

から長崎に在住されていた韓国人カトリック信者の中から、福者に列せられている人があったとすれば、

韓国のカトリック史にも影響を及ぼす史実だと言えよう。

(写真は、屋内:中町教会 外観:26聖人記念教会)

100810_1408~0001.jpg  100810_1358~0001.jpg
100810_1344~0001.jpg  100810_1339~0001.jpg
090217_1342~0001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。