So-net無料ブログ作成
検索選択

ホークス逆転優勝。おめでとう。7年待ったよ!。 [スポーツ]

私にとっては、クラウンライターでも、西武でも、ダイエーでも、ソフトバンクでも、「西鉄ライオンズ」なのである。

西武が所沢に行き、南海からホークスが飛んできて、「ライオン」が「鷹」になっても、兎に角頭の中は

九州福岡であり「西鉄」なのである。

鉄腕稲尾、怪童中西、三原監督、豊田選手などの活躍が頭から離れない。

神様・仏様・稲尾様、43勝の大記録。中西の場外大ホームラン。日本シリーズ3連敗後の4連勝。

大投手稲尾のホームラン(サヨナラ)だったかな?

などなど、全て「西鉄」で固まっている。

ホークスが勝ったのに、私の頭の中では「西鉄ライオンズ」が勝ったことになっている。

ファン心理は解らない事、バカげた事が多い。

出来上がった著名選手を、金に飽かせてかき集める「巨人」は好まない。しかし、長島、王、原は

大好きなのである。

大抵の場合、野球の話になると、「勝った?」、「うん、勝った、勝った」となると「巨人軍が勝った事」

であり、私の場合「敗けた?」と聞くのは、対戦相手に巨人軍が「敗けたのかどうか?」である。

返事が「勝った」となっても「敗けた」と返ってきても、それは、「巨人軍」の事なのである。

主語が無くても話は完全に通じている。

亡くなった義父も、すでに古希を過ぎた義弟も強烈な巨人ファンで父など巨人が敗けた日は、一日中

ご機嫌斜めであった。

周りの友・知人も殆ど巨人ファンで固められており「アンチ巨人は巨人ファンなのだ」と引っ張り込まれ

そうだが、「断固・西鉄」なのである。

子どもたちが小学生、幼稚園の頃、福岡に住んでいたが、平和台で「西鉄対近鉄戦」を観戦した際に、

入場券抽選で長男が野球帽子を当たって喜び、この日は、西鉄がボロ勝ちした記憶があるが、

二男は「西鉄対地下鉄(近鉄)を観てきたよ」と言っていた。小学1年生位だっただろう。

彼も福岡に住んで22年余、その長男(つまり私の孫)は、稲尾さんが会長だった「福岡リトル」を経て、

高校、大学と今、野球漬けの毎日である。

我が家一家は、東京名古屋勤)の長男、在長崎の三男含めて、「西鉄」つまり「ソフトバンク・ホークスファン」

であるに違いないと「安心」し「安定」している。

100927_0836~0002.jpg  100927_0837~0001.jpg
100515_1728~0002.JPG

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 1

kaz-i

やったばい!
by kaz-i (2010-09-27 11:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。