So-net無料ブログ作成

長崎市公会堂に1000名が集う。第60回民生委員・児童委員大会。

少子・高齢化、家庭関係の複雑化、近隣関係の希薄さなど、社会環境の変化により、生活に困窮し、孤立化し、手助けが必要な人々が増えている。福祉、保健、医療、子育てなど、民生委員・児童委員が行政との間に立って、果たすべき役割は益々重要になって来ている。長崎市は長崎市民生委員児童委員協議会と共催し、29日午後から長崎市公会堂で第60回民生委員・児童委員大会を開催し、5年以上30年間も勤続された委員各位に、市長から感謝状が贈られた。上長崎地区では4名が対象者となった。アトラクションに、長崎のちんどん屋・かわち屋の河内隆太郎氏による「僕のちんどん屋人生」と題する講演とパフォーマンスがあり、笑いの中に、人生の示唆に富む貴重なお話を聞くことができた。締めくくりに、上長崎地区民生委員・児童委員協議会長の大澤和彦さんから大会宣言が読み上げられ全員の拍手で採択され閉会された。
100929_1609~0001.jpg100929_1438~0001.jpg100929_1452~0002.jpg100929_1558~0001.jpg100929_1605~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。