So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年新春 長崎地区労旗開き。統一地方選挙必勝を誓う。 [行事]

長崎地区労働組合会議(平野忠司議長)は、5日、ホテル・セントヒル長崎で2011年

新春旗開きを開催した。

開会に先立つオープニングセレモニーでは、「建設長崎・職人太鼓」が勇壮な音を響かせた。

平野議長は、今年の主要な闘いの課題を、統一地方選挙必勝とし、中央政治の不安定さを

地方から補う必要性を訴えた。

長崎県平和運動センターの明石議長、社民党長崎総支部の鶴田支部長が祝意と決意を述べ、

国労闘争団の樫本団長は、23年余に及んだ闘いが、地域共闘の支援のお陰で、和解による

勝利を勝ち得たことに感謝の言葉を述べ「24年振りに楽しい正月気分を味わう事が出来ました」

と、率直な喜びを語った。

長崎地区労推薦議員候補者、県議2名、長崎市議6名、長与町議1名、時津町議1名の全員が

勢揃いし、それぞれが短時間の決意表明を行い、会場挙げて必勝を誓い合った。

元気づけの樽開きには、かつての地区労議長など6名の長老が、掛け声も勇ましく、槌を鳴らした。  

長崎市議会議員 井原東洋一

110105_1756~0002.jpg  110105_1811~0001.jpg
110105_1840~0002.jpg  110105_0901~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。