So-net無料ブログ作成
検索選択

新大工町自治会と商店街(振)の合同新年会。再興の意気高し。 [行事]

新大工町自治会(山口康平会長)と新大工町商店街振興組合(古賀重朗理事長)の

合同新年会が12日(火)18時半から、玉屋6階ホールで開催された。

この新年会には、老人クラブ「長生会」からも多数が出席され、カラオケタイムに入ると、

勢い主役に躍り出た。

「年齢6掛け時代だ!」つまり80歳は、48歳である。と自他共に宣言し、歌、ダンス、

山登り、ゴルフ、テニス、など残り少ない?人生を謳歌している旧制中学卒・戦中世代の

「若者たち」である。

「やろう。やろう。よし、やろう」と衆議一決、すぐ行動に移す実力者集団でもある。

私もこの様な行動派と青年たちの先取性に支えられ、東部地区商業集積地「新大工町

商店街の活性化」こそ、東部地区の発展に不可欠だと肝に銘じ、議員活動の中心課題に据え、

商店街顧問として、また新大工町青年部最高顧問として責任を全うするため、この24年間

全力を尽くしてきた自負がある。

新大工町モール新設には、当時青年部長だった古賀重朗理事長など役員と一緒に、

横浜、大阪、北九州、熊本など話題の商店街や通りを視察し、ロンドン、パリにまで、

足を延ばして理想的な街並みを研究した。

歩道はオランダや横浜元町通りを参考にした。街路樹の樹種まで討議して決めた。馬

町地下歩道整備、馬町ポケットパークと公衆トイレの整備、片淵中学校移転新築、

社会福祉施設誘致、片淵町松ヶ枝町線(長崎大学経済学部裏通り)改良、済生会病院片淵存置、

学童保育所新設、上長崎地区ふれあいセンター新設などなど、体を張った議員活動の目的は、

地域振興のための地域主権の徹底的な実践であった。

目標の殆どは実現した。

新大工町はこの新年から、再び注目の商店街となる意気に燃えている。 

長崎市議会議員 井原東洋一

110112_1803~0002.jpg110112_1806~0001.jpg
110112_2103~0001.jpg110112_2103~0002.jpg
101125_0953~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。