So-net無料ブログ作成

これが唐椿?。黄檗宗の興福寺で愛でる。

長崎市寺町の興福寺は、国指定重要文化財の本堂(大雄宝殿)、旧唐人屋敷門、県指定有形文化財の山門、中島聖堂遺構大学門、鐘鼓楼、三江会所門、などのほか市指定有形文化財も数多く、長崎の代表的な文化財の宝庫である。市民には「赤寺」と呼ばれ親しまれており、寺町寺院群の中でも、私が最も好きな場所である。また、黄檗宗興福寺の中興開山の唐僧隠元禅師は、いんげん豆でも有名。ここの松尾住職さんに「特別なお願い」のために伺った際、赤い大輪の椿が咲き誇っていた。「唐椿」なのだろう。私には、胸に着けたい「薔薇の花」に見えた。 長崎市議会議員 井原東洋一
110409_1640~0001.jpg110409_1639~0002.jpg110409_1639~0004.jpg060819_1708~0002.JPG060819_1708~0001.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。