So-net無料ブログ作成
検索選択

ネパールの世界遺産。目玉寺。 [視察]

目玉寺は、さながら俗世間の俗人たちに睨みを利かせているかのようであった。

ネパールで一番古いブッデスト神社「スワヤンブナート」は、西カトマンズの小高い丘に

立地しており、五輪の仏舎利塔は、下壇から土、火、水、風、空を表している。

土の部分には、「マニ車」が設けられていて、一つ一つ回しながら右回りに一周すると、

経典一巻を読破し功徳を積んだ事に成るときき、早速右に回りに一周した。

眼下には、カトマンズ盆地が開けていた。

110516_1519~01.jpg110516_1529~02.jpg110516_1539~02.jpg110516_1540~02.jpg110516_1523~01.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。