So-net無料ブログ作成
検索選択

雨の合間の墓参。(7月16日)

梅雨の晴れ間を願っていたが、思いに任せずやむなく、雨の合間を縫っての墓参となった。花立ての枯れた花を目の当たりにして、このところお参りに間が空いていたことを反省した。どんよりした天気は、稲佐山の遠望を台無しにし、長崎港内の女神大橋も雨雲に煙って見えない。しかし、和子が笑っているのを見て安心した。(井原東洋一)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。