So-net無料ブログ作成
検索選択

キューバ革命50周年記念の旅(2)。 [旅行]

4月27日キューバヘの中継地、カナダトロントへ向かうAC002便は、

17時発である。

出国審査を終え空港特別待合室で、結団式を行った。

栗原君子団長(新社会党中央本部委員長)は、「新社会党代表による

訪問団は、予定した50名を大幅に上回り、最終的に67名に添乗員2名

を加え総勢69名の大規模な団体となった。キューバ共産党との深い友好

の絆と在日本キューバ大使のご配慮によって、革命勝利半世紀の記念の

年に受け入れて頂き、メーデーにも参加して社会主義発展を実感できると

思う。先進工業国が経済危機にあえぐ中で、社会主義こそが雇用、社会保障

環境、人間の尊厳と平和を保障するものであることを同国が実証している。

社会政策による医療教育などの各種施や有機農業などを視察し、

交流を重ね全員が安全に帰国致しましょう」と挨拶された。

全員を9班に分け、笑顔で結団のあと先ずは、時差マイナス13時間の

カナダへ逆戻りする。

090427_1509~01.jpg  090427_1510~01.jpg
090427_1512~01.jpg  090427_1521~01.jpg
090427_1521~03.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

キューバ革命50周年記念・新社会党友好訪問団。 [旅行]

カリブ海の真珠と呼ばれるキューバは、同時に、カリブ海の鰐とか、

メキシコ湾の鍵とも言われている。

アメリカ、フロリダの南145キロメートルのところに横たわり、

東西に延びる細長い島は、全長1、250キロメートル、最大幅191キロ

メートル。

日本の本州の約半分でしかないキューバが、アメリカののど首で

社会主義革命に勝利して、今年1月1日に50周年を迎えた。

かねてからキューバと友好関係にある新社会党は、この記念の年に

代表団を派遣することを昨年の大会で決めており、4月27日から

5月5日の日程で、全国から70名が訪問する。

九州から8名、長崎からは私1人が参加する。

2000年11月の第2回訪問団は、10名程の少人数で亡妻和子も

共に参加したのだったが、今回は、和子は写真参加となる。

キューバのメーデーに出席し、サンタ・クララのチェ・ゲバラ聖廟にも

お参りする。

キューバの社会主義発展と現状をつぶさに見て帰りたい。

羽田へ向かう飛行機は、「海ほたる」付近から機首を下げながら、

10分も早く到着した。

成田へは、バスで長崎からと同じ時間が要る。

090427_1129~02.jpg
090427_1130~03.jpg  090427_1138~02.jpg
090427_1143~01.jpg  090427_1334~02.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

秋月城址界隈。 [旅行]

秋の紅葉も見逃せないが、やはり秋月は春の賑わいに勢いを感じる。

菜の花、梅、桃、桜などとともに萌える木々の芽だち、店先の山野草

や焼き餅、葛餅、挽きたての蕎麦粉で打ったざるそば、山菜そば、

桜うどんなどを頂いたり、ゆっくりした散策で時を忘れさせる。

知り合いになっているおばちゃんから、三色柚子胡椒を3個も買い、

地酒の出店では、景品にお米の両手掬い4回のチャンスを得て、

1.2キロの米を戴いた。

090404_1354~0001.jpg   090404_1345~0001.jpg
090404_1343~0001.jpg   090404_1346~0001.jpg
090404_1341~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

秋月城址の黒門。片淵中学校白門のモデルに。 [旅行]

秋月城址は今は秋月中学校である。

長崎市立片淵中学校新築移転の計画にあたり、私の無理難題を

聞き入れてくれた当時の橋本助役と藤田土木部長および、建物の

基本設計と実施設計に際して、要望のすべてを完璧に具現して

くれた当時の古殿建築課長に敬意と感謝を申し上げたい。

しかし、その全てを明らかにするには、まだ早すぎる。

時効?を待たねばならないので部分的紹介に止めておきたい。

さて、秋月中学校は木造で改築された。京都園部町の中学校と共に、

建築形態の参考にしようと注目していたので当然視察した。

土地の石組み、周囲の風情、門構え、などなどであった。

秋月城址に移築されている黒門は、700年前の歴史的建造物で、

福岡県指定文化財である。これをチャッカリ片淵中学校白門の参考に戴いた。

屋根瓦は、本瓦で軒瓦の一枚一枚に、片淵中学校の校章が焼き込まれて

いるのを知っている人は少ない。

校門には存在感が欠かせない、と考えた上での傑作だと思っている。

4日、その黒門に触れて帰った。

090404_1355~0001.jpg   090404_1356~0001.jpg
090404_1358~0001.jpg   090404_1359~0001.jpg
090404_1444~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

葛商売十代目高木久助・秋月名物の本葛。 [旅行]

寒根葛の根は薬効があり古くから珍重されてきた。

葛根湯もそれである。

数十年を原始土の中で過ごした巨大な根を掘り出し、

加工精製して得られる葛粉は、最高の品質となる。

築後250年を経た木造家屋で葛屋を営む事197年、

10代目高木久助氏は、売店を守る9代目の母親の懐の中で

大繁盛。旅の人々に人気が高く、私もまた秋月に行くと必ず

此処の「葛きり」の滑らかな舌触りを楽しみ、葛湯を手にして

帰るのである。

今では、周辺山野からの原料入手は難しく、鹿児島県大隅半島

の原始土からの恵みに頼っているとの話であった。

090404_1519~0002.jpg
090404_1521~0001.jpg  090404_1458~0001.jpg
090404_1501~0002.jpg  090404_1503~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

秋月町桜のトンネル。雨もまた風情。 [旅行]

甘木市の秋月城下町は桜の名所。

中でも城址内堀沿道の桜のトンネルは見事であり、

毎年の様に、桜見物に出かけ、「葛きり」をいただき、

小石原焼きの窯元を散策する。

4日は生憎の雨で止そうかとも思ったが、昼近く腰を上げた。

町の入り口に「眼鏡橋」(長崎橋)が出迎える。

長崎の石橋の技術を取り入れて建造されたものである。

桜は最高の見頃であった。

水玉を含み萎れるかのように頭上近くなったトンネルを潜る

気分は格別で、郷土名物や小物を並べるお店に立ち寄のも

楽しく、「さくら蕎」も美味しかった。

090404_1438~0001.jpg  090404_1424~0001.jpg
090404_1406~0001.jpg  090404_1339~0002.jpg
090404_1525~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

奄美大島の旅 (11)「タラソ奄美の竜宮」が大人気。 [旅行]

名瀬港の西数キロの東シナ海に位置し、奄美市でも最も美しい

海岸と言われる大浜海浜公園の「奄美海洋展示館」に隣接して、

市民の健康増進と福祉の向上、癒やしの温浴施設として、

「タラソ奄美の竜宮」が2年前から開業している。

温泉に恵まれていない奄美市が、海の恵みを活用し、温度33℃

から36℃の定温に調節され勢いを加えた海水を、施設内の回遊

コースに循環させて、ジェットバス、流水、プールなど数多くの

健康増進装置を駆使し、プールでは専門のインストラクターによる

指導を行うなどで、大変な人気をはくしているセラピーである。

この、奄美市自慢の施設に案内された。

計画には、慎重姿勢だった議会も、開業2年目で利用者が20万人を

突破するという予想外の実績と黒字経営に驚いていると言う。

この、フランス生まれの温浴施設を体験したが、海の恵みを全身

頂き気分爽快。

無料のシャトルバスは、常連の皆さんで賑やかだったが、

優しく自然に語らいの輪の中に入れて戴いた。

081225_1241~0001.jpg   081225_1238~0001.jpg
081225_1218~0001.jpg   081225_1236~0001.jpg
081225_1240~0002.jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

神代小路歴史文化公園。(5) [旅行]

神代小路は往事からの堀割りや生け垣が現代に生きており、

梅、桜、椿、ぼけ、つつじなど季節の花々が楽しめるように、

鍋島邸庭園はもとより、小路の辻辻に植栽してある。

今は、緋寒桜、白木蓮が美しかった。

090307_1518~0001.jpg  090307_1530~0002.jpg
090307_1533~0002.jpg  090307_1533~0001.jpg
090307_1520~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

鍋島邸の緋寒桜でポーズをとる小鳥。(3) [旅行]

小鳥5態。

090307_1505~0001.jpg  090307_1505~0002.jpg
090307_1505~0003.jpg  090307_1505~0004.jpg
090307_1509~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

鍋島邸庭園散策。 (2) [旅行]

神代小路歴史文化公園に始めて訪れて、すっかり魅せられた。

鍋島邸だけで小半日を費やしたが、ここの歴史遺産に学ぶ日が

何回も続きそうである。

090307_1458~0002.jpg  090307_1456~0001.jpg
090307_1457~0001.jpg  090307_1520~0002.jpg
090307_1518~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。