So-net無料ブログ作成
検索選択

3月27日(木)。「MICE事業」について全員協議会。質疑に立つ。 [市議会]

このところ、何故か、田上市長は、「マイス、マイスで頭が一杯」の様だ。

「背後霊」に捕り憑かれ、「ゼネコン」の甘い言葉に煽られ、「KY市長」に成ってしまった

のだろうか。

「市民力」だけで市長に跳ね上がった市長らしくもない。「市民不在の政治手法」には、

今、市議会が歯止めを掛けている。

ここに来てようやく「全員協議会」を開催するに至った。

議会での審議も承諾もなく、70億円とも噂されるJR貨物の所有地をMICE(マイス)施設

建設目的で「買う意思」を今月中に表明したい様子である。そんな勝手は許されない。

市議会無視の地方自治法違反である。

「MICEとは何か?」(大型の会議、展示、宿泊機能などを備えたコンべンシヨン施設

の事で、全国の60都市が検討中)。

即ち、「リゾート法」、「万国博」、「国体」、「耐震化」「PFI」、「指定管理」などと同じく、

財界とゼネコンが国を動かし、「地方自治体から金を巻き上げる仕組み」の一つである。

田上市長には、市民軽視の前歴がある。「幼児教育に公が果たすへき役割は終った」と

公言した「桜ヶ丘幼稚園の廃園」、議会軽視の「2020オリンピック事件」、監査委員会無視

の「市民病院建設に関わる事件」である。

今回の市の説明は、観念的、抽象的、期待可能性、ゲーム感覚で、しかも、政令指定都市

や近隣都市との熾烈な競争に飛び込み、ハイリスクを伴い、県の援助は期待されず、

 市内財界は自主的計画を持たず、長崎市に寄りかかっている。

田上市長は、「宝の山」から、何の障害も無く安易に財宝を持ち帰えれるかの様な感覚だが、

徒な都市間競争は、正道ではなく、既存の長崎の独自財産を基に、他都市との協調、

共栄の道を採るべきである。

田上市長の考え方は、「建設ありき」「甘い計画」「低い優先度」「過大投資」「将来不安」

「ゼネコン任せ」「既存施設と事業の衰退」「判断不能」「議会軽視」「市民不在」であり、

市民生活優先の身の丈に合った確実な自前の計画に立ち戻るべきである。

市長!、焦るな!、急ぐな!、騙されるな!立ち止まれ!、引き返せ!。

27日には、そう諭したい。

(長崎市議会議員・井原東洋一)

140311_1237~020001.jpg140311_1237~010001.jpg140311_1231~010001.jpg140228_1234~050001.jpg140228_1233~010001.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

11月30日(火)13時~14時。田上市長に質問。 [市議会]

27番議員・井原東洋一の登壇回数は、これまでに通算100回を超えているが、

今回も30日(火)13時から田上市長に対して市政一般質問を行う。

内容は次の通り。

1.市長の政治姿勢について。 

①市民力向上対策。②職員力向上対策

2.平和行政について。

①被爆「体験者」対策。②被爆二世対策。③「非核特使」の今後のあり方。 

3.文化行政について。

美術作品の保存と活用。②文化財の保護。

4.幼児教育振興について。

①市立桜ヶ丘幼稚園廃園の凍結。

などを市長に質す。

2期目再選を目指す田上市長の独断専行を許さず、議会は、独自の権能と

機能を有している二元代表制度をしっかり認識してもらわなければならない。

勿論議会自体の自己改革が前提である。

地域の総意である市立桜ヶ丘幼稚園の存続については、幼児教育の貧困さを追求し、

親と子が共に学び合う場として、職員との協力により理想的な教育の場を創造し、

実践している桜ヶ丘幼稚園の存続は、我が会派「長崎市民会議」の政策要求の

一つでもあり、7回続けての要求となる。

被爆者対策では、田上市長の無策ぶりを追求し、改善を求める。 

長崎市議会議員 井原東洋一

101122_1305~0001.jpg   100303_1518~0002.JPG
101125_0953~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

財政援助団体等の監査と現場実査。 [市議会]

14日(木)13時から、長崎市からの財政援助団体のうち、「財団法人・長崎ロープウェイ・水族館」、「東公園」、及び「長崎市夜間急患センター」に出向き、担当部門の責任者と、それぞれの指定管理者などから説明を受け、管理の実態などを実査した。
100114_1430~0002.jpg  100114_1420~0001.jpg
100114_1427~0001.jpg  100114_1528~0001.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

9月定例市議会閉会。全26議案を提案通り可決。請願1件は不採択。 [市議会]

9月1日(火)から開かれていた長崎市議会定例会は、18日(金)10時から

本会議を開き、各常任委員会で審議されてきた21件の議案及び、

分割審議されてきた「平成21年度一般会計補正予算」(第4号)を可決した。

なお、「最低保障年金制度の創設と生活実態に見合う年金の引き上げを

求める請願」は不採択となった。

委員会付託を省略した人事案件など3件と報告3件は、満場一致で承認された。

また、今後、閉会中の審議に委ねられる平成20年度の各会計決算報告議案1

6件が追加提案された。

更に、「議会基本条例検討特別委員会」を設け、来年度にわたって調査検討する

事となり、委員13名を選出し委員長に小森あきと議員(自由民主党)を選任して、

11時50分に閉会した。

090908_1604~0001.jpg  090908_1605~0002.jpg
090908_1605~0003.jpg  090908_1603~0002.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

市長答弁に不満募る。吉武教育委員長、見識を示す。 [市議会]

今日、多彩な質問を行った。

田上市長は、ただ、読み上げるだけ、質問者の心を揺さぶる感動的な答弁は、

皆無だった。

22年振りに出席された吉武教育委員長には、敬意を表して挨拶したが、

「シビリアンコントロールは、きちんと貫徹しています」との返事を頂き安心した。

長崎市の観光一辺倒市政は、なんとか転換させなければ、彼らは殆ど

観光病にかかっていて、ほかが見えない症候群に陥っている。

私が改善をはかる。

080613_1225~0001.JPG  090905_1719~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

私の一般質問は、7日(月)15時25分から1時間。22年振りに教育委員長が出席。 [市議会]

市議会での議員の質問に対し、市長はじめ理事者たちは、いろいろな指摘を

受けても、言質を取られないよう慎重に言葉を選び、明確な答弁を避ける事が

上手である。

良く使われる模範回答例は、役人が著した「お役所の掟」に詳しいが、

取り組まない口実として「検討します」「前向きに検討します」「関係先と調整が

必要です」「研究してみたいと思います」「調査してみたいと思います」「見守って行きたい」

「前例がない」などと逃げ回り、「早急に実施します」などの答弁など殆ど期待出来ない

のである。そのくせに、役所がすすめる事業は、委員会、協議会、審議会などと

「ガス抜き機関」を設けて、形式的民主政治を装うが、何の事はない「行政意思」は

殆ど変更せずに、ちゃっかり貫かれる。

工事に際して地域と協議した約束などは、いとも簡単に反古にされる。

今回私は、「行政のスピード化」と題して、3~4点を指摘し改善を求めるつもりでいる。

なまくらな返事には妥協しないつもりでいる。

22年振りに実現させた教育委員長にも答弁してもらう。

081125_1727~0003001.JPG  090224_1513~0002001.JPG
080613_1225~0001.JPG  090624_1646~0001.jpg
090905_1720~0004.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

9月定例市議会始まる。9月7日(月)15時25分から一般質問。 [市議会]

長崎市議会9月定例会は、9月1日から18日までの日程で開催される。

1日の開会日には、議案23件が一括上程され、市長が提案理由と趣旨説明を行った。

市政一般質問は4日(金)から始まり、19人が9日(木)までの4日間に亘り、

市長及び理事者に答弁を求める。私は、7日(月)15時25分から1時間の質問に立つ。

今回は、教育行政、環境行政、文化行政、行政のスピード化について質問するが、

特に過去の質問に対する市長答弁の追跡に論点をおき、市長提案議案と比較して、

行政事務の遅れを指摘し、その場限りのリップサービスを許さない厳しさを求める。

また、道路基準を満たしていない市道の改良について、計画的に積極的に公費に

より改良工事を行う仕組みを提案する予定である。

070907_1505~0001003.JPG   090224_1513~0002.JPG
081125_1727~0002001.JPG   090624_1646~0003.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

9月定例市議会。1日(火)開会。緊急経済対策などに補正予算46億円。 [市議会]

長崎市議会の9月定例会は1日から18日の日程で開催される。

8月25日(火)にそのための議会運営委員会が開かれ、付議事案、予算案、

会期日程などが論議された。

付議事案は、人事2件、条例8件、その他7件、予算9件、決算3件、報告3件、

合計32件で、議会最終日に20年度決算議案13件が追加上提される。

補正予算案は、一般会計45億8千万円、特別会計6億5千8百万円、

企業会計4千万円、合計52億8千万円に上る。

このうち、緊急経済対策として、雇用対策、観光振興、中小企業支援、

子育て支援などに、25億円余を充てる。

特に「スクール・ニューディール」の一環として、学校施設の耐震化、エコ化、

情報通信機器整備費などが計上され、教職員全員に校務用コンピューターを配備し、

デジタルテレビを普通教室に1台、電子黒板を各校に1台づつ配備し電子化が計られる。

観光振興では「龍馬伝」を生かした対策を強化する。

また、使用停止中の稲佐山「スカイウェイ」の撤去費2億4千5百万円も盛り込まれた。

市政一般質問は、9月4日から9日まで行われ、20名が質問する予定である。

私も、教育行政、衛生公社問題、地域課題などを取り上げて、1時間の質問を行う。

070907_1505~0001002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

長崎市議会臨時会。緊急経済対策で27億7千万円余の補正予算。 [市議会]

国による矢継ぎ早の緊急経済対策は、自民党による選挙対策でもあり、財源裏付け

先送りの中で、自治体も議会もその消化に追われている。

長崎市議会も24日に臨時議会を開いて27億7千万円余の予算を審議したが、

予定している事業の前倒し実施や、予算計上と同時に、次年度へ繰り越す事業もあるなど、

緊急経済対策とはいえないものもある。

長崎市は、今回の補正予算について、緊急対策、未来への投資、地域活性化、市民生活の

安全・安心の4本柱の下に、94の事業を提案、この中には水道事業などの企業会計

事業に繰り出す補助金も含まれている。

私が副委員長をつとめている建設水道委員会(野口達也委員長)では、事業実施にあたって、

地元企業からの資材調達、地元企業への請負付託が原則的に行われているかどうかの

観点から、徹底的に論議し、事業担当部門の曖昧さを許さず、智多副市長(事務担当)の

出席を求めて、地元優先の原則を基本仕様書に盛り込む事を約束させた。

同時に私は、「長崎市の行政姿勢は観光事業のみが突出しており、商工業、農・水産業は

内向きだ。長崎市が援助して開発・改良された資材、製品、技術など、もっと外向きの姿勢に

変わるべきで、そのためには、行政が活用してお墨付きを与える必要がある。

農・水産物も、地産地消から地産外商に打って出る心構えが欠けている」とハッパをかけた。

市内の経済情勢は悪化の一途をたどり、中間予納市税の還付金は、今回予算でも4億7千万円

で年度では6億円を超えている。

一方雇用情勢も7ヶ月連続して有効求人倍率が低下しており、事態は深刻である。

9月には、もう一度今回程度の緊急対策が必要となろう。

090624_1645~0001.jpg   090127_1116~0003001.JPG
081125_1727~0003.JPG   070907_1505~0001001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

衆議院解散の日に重なった陳情活動。 [市議会]

長崎市議会総務委員会と建設水道委員会の両委員会は、委員長、副委員長と

一期目の議員及び所管部門の部局長・担当係長など20名が、東京事務所

などの案内により合同して、長崎県選出の衆・参両議院の全ての皆さんに

陳情活動を行った。

要望事項は、地方自治体財源の確保、高速道路整備、道路事業、街路事業、

新幹線、急傾斜地、公共下水道整備、長崎駅周辺整備などの諸課題に関して、

予算の確保と整備促進である。

この日は、13時に衆議院が解散されたことで、参議院議員の大久保議員、犬塚議員

には親しく面談する事が出来たが、衆議院議員の各位は、すでに臨戦態勢にあり、

それぞれの事務所も緊張状態で、一人にも面接出来なかった。二日目の22日は、

総務委員会とは別行動となり、建設水道委員会は、国土交通省、財務省の大臣以下

76ヶ所の担当責任者に要請活動を行う。

090721_1517~0002.jpg   090721_1713~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。