So-net無料ブログ作成
検索選択

「命が大切、原発なしで暮らしたい」に対して、「産業振興、雇用が大事」と言う人々がいる。あなたは?。 [活動]

私は原発に頼らない社会を目指す。

すべての原子力発電施設は、必ず廃炉の時を迎える。

何れも強い残留放射能を有する為、その場所での解体・更新は不可能であり、半永久的な被管理施設となるほかはない。

従って、新規の原発建設には反対する。

停止中の原発は廃炉に向けて管理する。

稼働中の原発で何らかのトラブルが発生すれば直ちに停止し、廃炉に向けて

管理する。

稼働中の原発は定期検査停止後は廃炉に向けて管理する。

3基のプルサーマル発電所は、直ちに廃炉に向けて管理する。

来年春には、日本列島の全ての原発54基が止まる。

高速増殖炉、核燃料再処理施設は、直ちに停止し、廃炉に向けて管理する。

核物質などの処分施設は、これ迄以上に厳重に管理する。

その為原子力技術は、「半永久的な負の遺産」となる廃棄施設などの適正管理

のため更に研究され温存されなければならない。

長崎市民は、「長崎を最後の被爆地に!」と訴え続けてきたことの虚しさから、市民を代表する田上富久市長は、平成23年8月9日の「長崎平和宣言」で、福島第1原子力発電所の爆発事故により、再び放射線の恐怖に脅える現況を憂え、「原子力にかわる」再生可能なエネルギーの開発を進める必要性を世界に向けて訴えた。

長崎市議会も、市民を代表する政治機関として、「原発にかわる」ネルギー政策への転換を求めるべき事は自明の理であろう。

その意味で、「原発に頼らないエネルギー政策への転換を求める意見書提出に関する請願」は、満場一致で採択され、請願内容にもし不備があればそれを補って、国へ対し意見書を提出すべきである。

原子爆弾の惨禍を経験し、放射線被害の恐怖を体験して来ている長崎市民は、福島第1原子力発電所が、未だに人為的な制御が出来ず、放射線被害の収束の見通しが無い恐怖により、半径20km以内を立ち入り禁止区域に指定され、故郷から隔離されている福島の人々の現実を直視し、心情を重ね「核兵器廃絶」に加えて「脱原発」を先んじて訴えるべき事は、エネルギー政策以前の命の問題である。

請願は採択すべきであり、長崎市議会全議員の良識を信じて、9月22日の本会議で改めて「採択」を訴える。
長崎市議会議員 井原東洋一

110908_1743~02.jpg 110917_1711~01.jpg 110917_1711~03.jpg 

SN3Q0034.jpg

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

反原発アクション1000万人署名と行動。長崎でも集会とデモ行進。(9月19日) [活動]

「ノーモア・ナガサキ、ノーモア・フクシマ」をスローガンとした「原水禁・平和フォーラム大集会」が9月19日13時30から長崎水辺の森緑地で開催された。

長崎県被爆者手帳友の会(井原東洋一会長)も実行団体に加わり、全国署名と行動に参加した。

長崎県集会には、佐世保、北松、東彼、大村、諌早、長崎、島原などの各地から、凡そ700人が集まり、「サヨウナラ原発」「原発無しで暮らそう」「原発無しでも電気は余る」などアピールしながら 繁華街をデモ行進した。

東京・明治公園での「さようなら原発集会」には、予定の5万人を超える6万人が参集し、ノーベル賞作家・大江健三郎さん、経済評論家・内橋克人さん、作家の落合恵子さんらが、壇上から原発に抵抗する意志を表明し、都心へ向け三方面へ分かれてデモ行進したと伝えられている。

この日は全国各地で同じ目的の集会が行われた。
 長崎市議会議員 井原東洋一

110919_1426~02.jpg 110919_1434~01.jpg

110919_1425~02.jpg 

SN3Q0034.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

新社会党全国大会閉会。委員長 松枝佳宏(新・兵庫)、書記長 長南博邦(新・千葉)を選出。 [活動]

7月23日から、総評会館で開催されていた新社会党第16回定期全国大会は、

30名近い代議員による質疑討論を終え、参議院議員選挙の総括を含む運動方針に

対する2件の修正案を少数否決し、原案を圧倒的多数で決定した。

監査委員会報告、規律委員会報告も承認され、財政方針も原案通り可決された。

役員人事については、結成以来執行委員、書記長、副委員長、委員長の任にあった

栗原君子委員長(元参議院議員)が退任された。

16年前の1月に結党の際、最低限の政党要件である5人の国会議員の1人として加わり、

重要な役割を果たして来られただけに、役員の中で最後の国会議員経験者を失う淋しさと同時に、

栗原君子さんの貢献と功績に感謝する気持ちも交錯して、惜しみない拍手が贈られた。

新しい委員長には、既に全党員による1票投票で、70パーセント以上の信任を得た松枝佳宏

前書記長が就任し、要の書記長には、長南博邦前執行委員(現・野田市議会議員)が選出された。

副委員長には、加藤晋介(現・弁護士)、岩中伸司(現・熊本県議会議員)、及び富山栄子

(新・現執行委員)が選ばれた。

副書記長は2名枠に3名が立候補して初の選挙となり、石河康国(現)、高橋俊次(新・現執行委員)

が当選した。

九州ブロック担当中央執行委員は石田博文氏(熊本県本部)に代わり、山下徹志氏(鹿児島県本部)

が就任した。

九州ブロック選出の中央選挙管理委員には井原東洋一氏(現)が引き続き就任した。

大会では、「東日本大震災被災者の現状回復と原発廃止を求める決議」を満場一致で採択し、

大会宣言を発表。

松枝執行委員長を先頭に勢い良く前進することを全員の誓いとして、「団結頑張ろう」を

力強く三唱し閉会した。

110724_1533~03.jpg  110724_1532~01.jpg
110724_1522~02.jpg  110724_1150~01.jpg
110724_1521~03.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

新社会党第16回定期全国大会。総評会館で開催。 [活動]

新社会党は、1996年(平成8年)1月に結成。3月に第1回結成大会が開かれた

あれから15年が経過した。本年度は2010年参議院議員選挙における、社民党との

「大胆で必要な妥協」の結果が、大敗北を喫した事もあり、内部矛盾が生じており、

修正案が提出されるなど、久しぶりに緊張感のある大会と成った。

栗原君子委員長の主催者挨拶のあと、在日朝鮮総連、在日韓国民主統一連合、

韓国民主労働党、キリスト教者政治連盟の代表が挨拶。最後に、反原発自治体議員・

市民連盟代表の福士敬子東京都議会議員が連帯の挨拶をおこなわれた。

参議院議員選挙、統一自治体選挙での総括意見を受けて、

第1日目は午後19時過ぎに休会となった。

110723_1157~03.jpg 110723_1249~02.jpg
110723_1254~01.jpg110723_1408~02.jpg
110723_1415~03.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

「新社会党九州ブロック協議会第15回学習交流会」(議長による総括報告書) [活動]

1.新社会党九州ブロック協議会(議長・、井原東洋一・長崎市議会議員)の

第15回学習交流会は、熊本市の詫麻温泉「神園山荘」に全九州から凡そ

40名が参集して開催された。 

2.主催した井原東洋一議長は、未曾有の自然災害となった東日本大震災に

重くのし掛かっている福島原子力第1発電所の人災の複合的な災害で、

亡くなられた多数の犠牲者と、今も尚行方不明の方々に哀悼の意を表し、

復旧から復興そして振興への早急な政治執行が求められているとき、

野党の足引きと与党内の内紛が政治の空白を産み出していることを批判した。

また、原発災害は、政・官・財・電力独占・マスコミによって創り上げられた

「安全神話の完全な崩壊」であり、反原発を貫いて来た我々の理が明らかに示された。

宮崎鹿児島にも関わる新燃岳火山災害なども打ち消されている事態の中で、

新たに始められている「頑張ろう日本」の当たり前過ぎるスローガンの中には、

災害で生じた矛盾と危機感の全てを、国民に転嫁する意図が隠されている事を

読みとらなければならない。

今回の学習では、神谷杖治元熊本大学助教授に「福島原発から見えるもの」を

テーマにご講演頂き、更に松枝佳宏本部書記長から「取りまく情勢と私たちの任務」

をテーマに問題提起を頂く予定である。

年に一度の僅かに一泊二日の学習交流の場ではあるが、統一地方選挙で一応の

成果をおさめた九州ブロックが党の中でも胸が張れる様に、更に学び交流し、意思を

高揚させる機会にしよう。と冒頭挨拶した。

3.続く各県本部報告では、党活動の現状を直視するとき、客観的諸条件の困難さはあるものの、

主体的な活動の不十分さを反省する率直な意見が出される一方、荒尾総支部の先進的な活動に

学ぶところが多かった。

4.統一地方選挙では、岩中伸司本部副委員長が熊本県議会議員に、3期連続して無投票当選し

5選を果たした快挙は堂々たる勝利であった。

その喜びの中で、後半戦に臨んだが、後継者擁立の困難さから一部地域では不戦敗を余儀なく

されたものの、推薦、支持候補を含めれば善戦した。しかし、5議席確保が期待されていた

荒尾市におけるベテラン議員の惜敗は、票数が僅差だっただけに悔やまれる。捲土重来を期待する。

新人が入れ替わり当選した事で4議席が守られた。

5.講演では、神谷杖治先生から「福島原発から見えるもの」と題して詳細なご講話を頂き、

為政者達による平和利用の名のもとに進められて来た原子力発電施設の真の目的が、

軍事利用であり核兵器保有願望の隠れみのであったことを改めて確認した。

創られた「安全神話」を基に、過疎地に札ビラをばらまき、原発王国の推進に積極的に

手を貸して来た学者たちの一部には、今回の大爆発と制御不能に陥っている現状に遭遇して、

自己批判を公表しているが、それでも「現時点で一般住民の健康に影響が及ぶレベルにはない」

などと強弁している有り様である。しかも、原発被害を過小評価する新たな御用学者も生まれており、

反原発の急速な動きに危機意識を募らせている独占資本や電力業界は需給バランスをテコに

「事故時対応を施した安全な原発」の「新たな安全神話」の宣伝に全力を尽くしており、財界や

自治体にも迎合し推進する愚行も顕在化している事を見逃してはならない。

自然エネルギーなど他資源により、原発無しでも現時点の供給力に問題は生じない事が、

意図的に隠されている電力危機キャンペーンに惑わされては成らない。人々の脱原発意識は、

確実に広がり定着するであろう。との的確な指摘に同感した。 

6.新社会党は反原発の方針に確信を持ち、福島原発被害者と広島、長崎との連帯の新たな

組織と運動体の中核を担う決意を持たなければならない。

更に沖縄とも連携して平和の戦線を構築する必要に迫られている。

7.松枝佳宏本部書記長からは「取りまく情勢と私たちの任務」について問題提起が行なわれ、

退潮傾向を余儀なくされている革新勢力、特に社民党、日本共産党の現況を承知しつつも、

新社会党が置かれている立ち位置と役割を認識しながら、いまなお不十分な党活動の現状を

直視し、反省し、目前の困難解決の為には、「幾つもの繋がり」を大切にしなければならない事。

東日本大震災と福島原発の複合災害から、被災地域が立ち直れるかどうか、極めて困難な時の、

「頑張ろう日本」キャンペーンは、日本の危機的矛盾をすり替え、全てを労働者階級に責任転嫁

する方策の前ぶれにもなりかねず、それを見透した抵抗の戦線と組織の強化が必須であり、

新社会党の新たな任務でもあることを強く示唆された。 

8.2日目は、各県本部の党員のバランスを考慮して、5つの分散会に分かれ、午前9時から

11時までの2時間、全員参画の話し合いで更に親交が深められた。活発な話し合いの中から

多くの意見が得られた。もとより、新社会党員としての意識と行動の必要性を自覚しての意見であるが、 

ア、機関会議と、学習活動継続の重要性。   イ、OB会、NPO法人活動などのほか、障害者団体・

個人のなどとの連携。   ウ、労働者ユニオン運動の実態と活動の成果。   エ、郵政労働者ユニオン

に対する差別反対支援共闘の全国化。   オ、国労闘争の一応の決着とその後の実情。  

カ、地方自治体改革のための、議員擁立の困難さの克服。   キ、自立した人間として生きる確信を

持つ事の大切さと、仲間づくりの重要さ。  ク、福島原発の人災を貴重な負の遺産として、反原発運動

の積極的な展開。   ケ、水俣、三池、福島から学ぶ事は、人間として生き続ける為には、資本との

階級的な闘い無しには、決して生きられない事が明らかになった。

などが集約された。

9.何時もの事ながら学習交流会の成功に万全を尽くして頂いた熊本県本部の皆さんに感謝し、

九州ブロックが党の主要な任務を担う決意を確認した。

更に団結して頑張ろう!。

110528_1309~01.jpg110528_1504~01.jpg110529_1138~01.jpg110528_1707~01.jpg110529_1137~01.jpg

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

「即 実行」東洋一。 いはらが動く・政治が動く。市民相談年1200件。 (1) [活動]

長崎市議会議員(長崎市民会議)井原東洋一(1936年3月生まれ)。

九州電力(株)勤務42ヵ年。

1987年4月初当選。現在6期目。

現長崎市監査委員。厚生委員会委員。

長崎県被爆者手帳友の会会長。全国被爆体験者協議会顧問。

片淵4・5丁目自治会顧問。上長崎地区自治会協議会長。

長崎市社会福祉協議会上長崎中支部長。

長崎県映画センター顧問。長崎県・市各理容団体顧問。

長崎市新大工町、長崎駅前、賑町商店街顧問。

長崎市片淵地区まちづくり協議会長。

新社会党長崎県本部委員長。

郵政労働者ユニオン反差別闘争支援共闘会議会長。

社会福祉法人愛心会評議員。

長崎地区労・県タクシー労組、郵政ユニオン、井筒造船、九州商船各労組推薦。

ティグレフォーラム推薦。賑町自治会など20自治会推薦。

選必勝を目指して奮闘中。

「清潔、誠実、積極」がモットー。

これまでの八大政策に、新たに市議会の品位と資質向上、議長公用車廃止、

公金による海外視察廃止などの議会改革を加えた。

八大政策は次号。

長崎市議会議員 井原東洋一

110326_0535~0001.jpg110218_1749~0001001.jpg091105_1058~0001.jpg070417_1939~0001001.JPG070810_1025~0001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

選挙準備始動。事務体制整える。 [活動]

長崎市議会議員選挙は市長選挙と共に、4月17日(日)告示。4月24日(日)投票で、

有権者の審判を受ける。

長崎市内有権者は、366、790人余。選挙区域は、今回から平成の大合併で長崎市に

編入された野母崎町から琴海町まで、旧7ヶ町を含む長崎市全域へ拡大され

従来の1.7倍の広域となり、定数も51名から40名に削減される。

選挙に楽はないが、県議選挙に2回破れ、その後市議会議員に6回連続当選しているとは言え、

7選を目指す今回は、想像を超える厳しさを覚悟しなければならない。

40の議席に、予想される約50名の候補者が凌ぎを削る激しい選挙戦となる。

私は、「即 実行・政治が動く。誠実、清潔、積極」の基本姿勢を貫く。

皆さんのお力添えを頂いて、「長崎市政の誤りなき発展と、市議会の改革推進」に全力を尽くす

決意である。

「心ひとつ」を念じ、被爆者代表の責務として平和ナガサキの鐘を鳴らし続けたい。   

長崎市議会議員 井原東洋一

070422_2037~0001.JPG  070422_2027~0002.JPG
091003_1905~0001001.JPG  110122_1302~0001.jpg
080806_1130~0001.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

349回目の反核座り込み。非核三原則の法制化を求める決議を採択。 [活動]

核兵器廃絶を求めて、毎月9の日に市民有志が三々五々集まり、

平和公園の平和祈念像前に座り込む「反核座り込み」が、349回目を数えた。

10月9日は若干の小雨もあったが、土曜日であったため参加者は200名を

超える勢いであった。

この座り込みは、9の日が土・日・休日の場合は、午前10時半から11時半まで

1時間。通常日は、午後0時15分から45分までの30分間に決められており、

いちいち連絡することもなく、自由参加で継続されて来ている。

ただ、長崎県平和運動センターによって、万端の諸準備が整えられている。

今日の座り込みには、「トルコにおける広島・長崎原爆展」に参加する高校生平和大使

や同じ目的でトルコ共和国の首都アンカラ、カッパドキア、イスタンブールなどの各地で、

被爆体験を語り、核兵器廃絶、世界平和を訴える役割を受けて、外務省から「非核特使」

に委嘱された「長崎県被爆者手帳友の会」の、井原東洋一会長、中村キクヨ副会長、

井黒キヨミ、倉守照美の4名の「非核特使」も参加し、それぞれ決意を述べた。

井原東洋一会長は、長崎市議会議員として、10月16日の開会式で田上富久長崎市長

メッセージを代読する役割も任ぜられており、受け入れ側のトルコ共和国の意気込みを

伝え聞くところによれば、トルコにおける「日本年」を締めくくる平和行事として、

高く位置付けられているとのことである。

井原会長は、イスラム圈で初めて開かれる原爆展の実現には、在トルコ日本大使館の

田中信明大使の並々ならぬご尽力により実現したことを伝え、委嘱を受けた「非核特使」として、

長崎の被爆の惨状と反核・平和活動の実情を説明し、トルコの人々の理解と友好関係の

発展及びトルコ原爆展の成功に結びつけたいと強調した。

この集会では、「非核三原則の法制化を求める決議」も提案され、集会の名において

採択し発表した。

最後に「団結がんばろう」を三唱して散会された。

101009_1132~0002.jpg101009_1106~0001.jpg101009_1131~0001.jpg101009_1132~0001.jpg080419_1344~0001002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

昭和タクシー支部・第54回定期大会。タクシー労組の中核を担う責務。 [活動]

長崎タクシー労組第55回大会のあと、各支部の定期大会が開催されている。

朝日支部、寿支部の大会には、公務出張が重なって、残念ながら出席出来なかった。

昭和タクシー支部には、幸いに出席する事ができた。組合員の出席率は高く、

執行部の信頼感も極めて高いのを確認した。

昭和支部第54回大会は、県タクシー労組の中核的な担い手としての責任感が漲っていた。

来年4月の統一自治体選挙での、金子県議、井原東洋一市議会議員の必勝に固い団結の

意思統一をしていただいた事に感謝し、感激した。

101007_1308~0001.jpg101007_1306~0002.jpg101007_1306~0004.jpg101007_1334~0001.jpg
101008_1107~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

陳情2日目は、衆・参両院議員への要請。「長崎原援協」。 [活動]

長崎原爆被爆者援護強化対策のための、上京陳情団。

第2日目の要請先は、地元選出国会議員、衆議院厚生労働委員会役員、

参議院厚生労働委員会役員の皆さんである。

智多副市長班と中田副議長班との2班に陳情者を班分けして臨んだ。

参議院議員選挙の最中であり、衆・参両院とも本人面談は叶わず、特に参議院は、

新築された議員会館への移転準備とも重なって、秘書の皆さんも落ちつかない様子

ながら、陳情の内容は代理者にしっかりと伝えた。

午前中に用務を完了したため、衆議院議員会館内で、智多副市長から陳情参加者

全員がねぎらいの言葉を受け、現地解散した。

100630_1112~0003.jpg  100630_1103~0002.jpg
100630_1041~0001.jpg  100630_1107~0002.jpg
100630_1149~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。