So-net無料ブログ作成

強制連行中国人原爆犠牲者追悼碑前で、建立2周年記念追悼集会。 [追悼]

アジア太平洋戦争中に、中国から日本に強制連行された人々が、高島、端島、崎戸、鹿町炭坑などで

1、000人余りも強制労働を強いられていた。

このうち、ご飯をくすねたなどの軽い出来事を重罪に処せられ、旧長崎刑務所浦上刑務支所に入獄中に

原爆の犠牲者となられた32名の中国人を、懇ろに追悼する慰霊碑が2008年に建立された。

丸2年目の7月7日(水)午前10時半から、現地長崎市松山町・平和公園内の「浦上刑務支所中国人

原爆犠牲者追悼碑」前で追悼式が行われた。

この日は、追悼碑建設・維持管理委員会の本島 等代表、役員の高實康稔氏、平野伸人氏、新海智広氏

などをはじめ、建設に関わった人々など凡そ50人が参集した。

2年前の落成式には、行方が判らないままに60年以上も経って、漸く異国の地に魂の寄りどころが出来た

事を喜ばれた中国人遺族も何人かが参加され、碑の前であたり構わず号泣されたのを思い出す。

その遺族の中から、すでに2人が亡くなられている事を知らされると、遅れたとは言え我々民間人有志の

手によって追悼碑が建立出来た事の意義を改めて感じた。

被爆者代表として挨拶を求められた私は、「戦争は国が起こす。国の兵隊は国民を守らないばかりか

犠牲にする。戦争が終わっても、国は責任をとらない。我が長崎でも、強制連行、強制労働で多くの人々が

命を落とした端島に鎮魂の思いのカケラも無く、観光地化し、無念の思いを晴らせない魂を踏みにじって、

「 予想以上の成功、数万人の観光客が上陸観光した」、などと喜んでいる為政者がまかり通っている。

また、香焼町の旧連合軍捕虜収容所では、オランダ人など72名の死者が確認されており、収容所跡で

ある現香焼中学校の一角に、この人々の追悼慰霊碑の建立を実現したい。皆さんにもご協力頂きたい。

今日は、73年前の7月7日(廬溝橋事件)を思い起こし、戦争のない平和な世界の創造に力を尽くしましょう」

 と結んだ。

11時02分になり、全員で黙祷を捧げて追悼式を終了した。

100707_1037~0001.jpg100707_1127~0001.jpg
100707_1103~0001.jpg100707_1128~0002.jpg
100707_1759~0001.jpg

nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:moblog

「全理連」前副理事長「山崎哲茂先生」を悼む。 [追悼]

長崎県理容生活衛生同業組合理事長及び、全国理容生活衛生同業組合

連合会副理事長として、業界NO2の座を占められ、全国理容技術競技大会で

長崎から日本一を出し、また、ミラノでの世界大会に日本選手団の責任者として

大役を果たされるなど、全国的立場から縦横無尽に活躍されていた山崎哲茂先生が、

75歳の若さで還らぬ人となられた。

山崎先生は、父親の背中を見て15歳で理容の世界に入り、東京で修行し、若くして

全国講師で活躍され、早くから理容界に名が知られていた。

長崎県の理事長に就任されてからは、徹底した民主的運営と財政確立を図り、

組合員の高い信頼を集め、全国屈指の組合への発展に尽くされた。

組合としての政治活動も活発で長崎県理容政治連盟会長、全国理容政治連盟

中央本部幹事長として、大きな力を発揮されてきた。

長崎市議選では、立場の違いを超えて、新社会党の私の個人演説会で

毎回熱弁をふるって応援して頂いた。改めて感謝の意を表明したい。

よくお酒を酌み交わし、カラオケにも同席して、楽しい時を幾度も共有した。

理容界のトップ技術者として60年間。忌まわしくもガンは、情け容赦なく、あの気配りと

優しさと、過ちに対しては絶対に許さない厳しい気迫をもって後輩を指導しておられた

巨匠、山崎哲茂先生を奪い去った。

まさに断腸の思いで、名残は尽きない。

山崎さんどうか安らかにお眠り下さい。

合掌。

090922_1315~0002.jpg  090920_2122~0002.JPG
090905_1720~0004.jpg  090905_1722~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

あれから5年6ヶ月。和子の命日。 [追悼]

2004年(平成16年)2月13日(金)午前11時45分。

和子は67歳の誕生日を迎えてわずか4日目に心肺停止が告げられた。

2月9日の誕生日に気管支にステント挿入手術して以来、緊急治療室から

出ることはなかった。

12日には、微かな反応があったのだがー。

あれから5年6ヶ月が経った。

13日の金曜日だったのは因縁めいているが、今日の月命日に、観善寺で

供養しよう。

大好きだった薔薇の花を墓前にも供えよう。

安らかに眠り続けられるように。

030517_1922~004001001-0001.JPG  090730_1541~0001.jpg
090228_1503~0001.JPG  070402_0921~0002.JPG
050519_1713~001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

「長崎の鐘」公演。オールスター来崎。「永井 隆の墓」に献花。 [追悼]

7月14日(火)18時から、久松シソノ追悼「長崎の鐘」が長崎市公会堂で公演されるのを前に、

作・演出の岡部耕大以下、永井 隆、永井 緑、久松シソノを演じる役者や助演俳優の総勢

約20人が、長崎市坂本町の国際墓地の中にある「永井 隆の墓」に献花し、公演の成功を

祈念した。

それに先立ち、一行は、永井隆記念館を訪れて、ビデオ映像や館内の資料、展示品、更に

如己堂を見学し、自ら演じる舞台劇との一体感をそれぞれに意識しているような真剣な

眼差しであった。

一行は、夕刻、12日の県北佐々町公演のため、宿舎の松浦市へ向かった。

090711_1651~0001.jpg  090711_1652~0002.jpg
090711_1621~0001.jpg  090711_1627~0001.jpg
090711_1628~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

中島政子さん逝去。 [追悼]

 矢上中学校での同級生、中島政子さん(旧姓岸川)が亡くなった。

昭和23年4月入学、26年3月卒業だからもう60年も昔の話となる。

アジア太平洋戦争敗戦後の学制改革によって、6・3・3制が始まった

直後の頃でもあり、生徒会を創立したり、学年毎に英才クラスを設けたり、

色々な学習実践が試行されていた。

当時の矢上中学校で私たちの学年は3クラスであったが、1学級は50人を

超えていた。

私たちの学年での試行は、国語、社会、数学、英語などの学科について、

1クラスから1~2人づつが選ばれ、クラス横断の英才教育が行われた。

つまり、どのクラスの数学にも出席し3倍の学習機会が与えられたのである。

岸川政子さんは、数学での特別教育を受けた仲間であった。

彼女の数学での知識と能力は、抜群だった事を鮮明に記憶している。

同じクラスではなかったが、英才クラスの仲間だったつながりは特別なものがあり、

百姓さんに嫁いだ彼女からは、折りにふれて農作物を贈って頂いた。

73歳は、まだ若い。また一人友人をガンで失った。

合掌。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

忘れてならない日。6月23日。沖縄最後の日。 [追悼]

1945年6月23日。

米軍の熾烈な攻撃によって、沖縄最南端摩文仁の丘に追い詰められた日本軍

牛島満司令官が自決し、日本の捨て石が占領され、本土への標的が定まった。

米軍54万8千人に対する日本軍11万人。

時の日本国軍事政権は沖縄を本土の防波堤と言うよりも「捨て石」にして、

一般人をも「鉄の暴風」にさらし、残虐の極みの中で県民の3分1に当たる一般人の

命を無為に失わせて玉砕させた。

占領地は最大の米軍基地に成った。今も、日本における米軍基地の75パーセントは

沖縄に集中していると言う。

アジア太平洋戦争が終わって64年経った現在も、世界最大のテロ国家アメリカの

前線基地で在ることに変わりはない。

そして、戦争を知らない政治屋達は、「北朝鮮」を仮想敵国に仕立てあげた上で、

「核武装論」や「敵基地攻撃力保有論」を弄び、いたずらに緊張を煽りたてる世論誘導

に懸命である。

平和を願う全ての人々は「沖縄を忘れてはならない」「広島・長崎を忘れてはならない」

6月23日がその日である。

「平和の礎」から叫びが聞こえる。

090624_0431~0001.jpg  090624_0417~0001.jpg
090624_0421~0001.jpg  090624_0425~0001.jpg
090624_0445~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

菓子司・石川 忠男さん(元駅前商店街理事長)を悼む。 [追悼]

長崎市大黒町の石川 忠男さん(68歳)のご逝去の報に接した。

元長崎駅前商店街協同組合の理事長を務められ、また、家業の菊水堂

菓子舗店主として、長崎県製菓業界の重鎮でもあった。

私の議会活動にもよく協力していただき、毎日発信するブログのモニター役

として、適切な励ましを頂いていた。

近年体調を崩され療養中であったが、数ヶ月前の商店街の集いでは、数人

での二次会で、プリマヴェーラの名物豚シャブを食べながら、カラオケに興じ、

マイク片手にジョークを飛ばし何曲も自慢の歌を披瀝され、楽しいひと時を

過ごしたのだったが―。

大らかな中にも、ピシッとバックボーンがあり、何事にも筋を通された

石川 忠男さんに哀惜の念を禁じ得ない。

戦災前の駅前商店街の古地図を復元し、我が家の家族の珍しい集合写真を

複製していただくなど、数少ない「駅前っ子」だった。

あの巨体を蝕んだガンを憎み、未だに未完成な現代医学と医療技術水準の

向上を願うとともに、訃報に接した今は、安らかな眠りにつかれるよう

祈るばかりである。

090118_2108~0001.JPG  090118_2107~0002.JPG
090118_2053~0001.JPG

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

4月25日、暴力追放「いのちを守る」長崎市民集会。 [追悼]

平成19年4月17日に、伊藤一長前市長が凶弾に倒されて、

暴力追放の市民運動の気運が高まり、「いのち」の碑の建立が

行われ、昨年4月にはじめて市民集会が行われた.

今年も4月25日10時から市民会館文化ホールに広範な各種団体代表

が参集し、市長が堅い決意を表明した。

市内パレードに先だって、市民の総意で「日本一安全、安心な地域社会

の実現に努力する」事を宣言した。

090425_1001~0001.jpg  090425_1009~0003.jpg
090425_1010~0001.jpg  090425_1119~0001.jpg
090425_1127~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

伊藤一長前市長三回忌。 [追悼]

痛恨のあの日から満2年。加害者への一審死刑判決は、

高裁審理に委ねられているが事件の原因は何一つ解明

されてはいない。

このまま風化させるわけにはいかない。安全安心社会実現に

向けて25日には市民啓発行動がおこなわれるが、単にセレモニーに

終わってはならず、暴力団がいない町、クレーマーがはびこらない町

の実現に、たゆみなく市民運動を継続しなければならない。

081230_1518~0001.JPG  081230_1524~0002.JPG
081230_1512~0001.JPG  070617_1554~0004.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

あれから5年。亡妻和子の祥月命日。 [追悼]

2月13日。5年前のこの日、67歳になって僅か4日目の朝、

必死に呼びかける声への反応もむなしく、握りしめた手に

微かな温もりを残しながら、浄土へと旅立った「願生院釈妙徳和順信女」

の5回忌法要は、春一番を告げる激しい風雨の中、菩提寺の玉園町

観善寺に姉、子、孫、姪が集まりささやかに済ませた。

在京の故東野英心さんのご夫人まり子さんは、毎年この日を忘れずに、

今年も長男克君と二人で仏前に美しいお花を供えて下さった。

英心さんも没後9年目を迎えたが、東京からの温かいお心配りに感謝した。

070402_0921~0002002.JPG  090213_1030~0001.jpg
090213_1032~0002.jpg  090213_1651~0003.jpg
090213_1739~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。