So-net無料ブログ作成
検索選択
ステージ ブログトップ
- | 次の10件

真宗大谷派・妙行寺本堂で、中丸三千繪(ソプラノ)コンサート [ステージ]

世界の「ディーバ」(歌姫)の名をほしいままにしているソプラノ歌手・中丸三千繪さん

は、桐朋学園大学声楽科を卒業、同大学研究科を修了し、1986年に小澤征爾指揮

「エレクトラ」で日本デビュウを果たし、翌年イタリアに渡って数々の国際コンクール

で優勝を総なめした。

その後オペラの殿堂ミラノスカラ座と出演契約を結び世界第一級の歌姫として活躍、

パリやニューヨークにも拠点をおき日本が誇る世界一の声楽家と賞賛されている。

その歌姫が長崎に来て、大浦の妙行寺本堂で無料でのコンサートが開かれた。

世界平和を目指して国際的に活躍をされている三角住職夫妻の長年の交友関係から、

まさに夢のような事が実現した。

そのコンサートに私も招待を頂いた。若干の休憩を挟んだとは言え、歌姫は2時間に

30余曲を歌いあげた。

数メートルの間近さから、彼女の表情や息遣いを感じられる席での至福の時間であった。

また、合間でのトークも味わい深いものがあり、ボランティア活動に献身的な彼女の

多面性と平和主義に徹している人間性にも心うたれた。

11月の「日フィル長崎公演」でのソロが予定されており、彼女の口から、「この妙行寺

本堂で毎年開きたい」と言わせた三角住職夫妻との信頼関係の深さに感服した。

ピアノ伴奏の山浦直子さんは初めてのコンビなのに、世界的な歌姫から「長崎には

素晴らしいピアニストがいる」と賞賛され、感激に涙していた。

真宗の本堂にアベマリヤが響き、オペラ歌手と真宗宗歌を合唱したのも初めての

出来事と思う。

本堂の大きな柱時計は、長崎原爆投下時刻の11時02分で止まっていた。

080510_1538~0001.jpg  080510_1449~0001.jpg
080510_1617~0001.jpg  080510_1343~0001.jpg
080510_1627~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
- | 次の10件 ステージ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。