So-net無料ブログ作成
検索選択
できごと ブログトップ
- | 次の10件

脇岬で昼火事。 [できごと]

2日(土)午後3時50分頃、川原から岬木場を越えて椛島へ

向かう途中、野母崎の脇岬にさしかかると、濛々たる煙が

立ち上がり、黒煙もまじっている。

サイレンはまだ鳴らないが、とっさに「火事だ!」と解った。

一本道のため「交通遮断になっては大変だ。急ぎ通り抜けて

おかなければ」と運良く通り過ぎたが、地区分団の消防車が

1台いるだけで、たった1本のホースを伸ばし消防士数人が

消化作業に必死な状況であった。

警察は駆けつけていたが、遠まきにしている人たちは、不思議

なほど冷静で「火事場見物」の様相であった。

「飛び込んでバケツリレーでも」と、はやる気持ちなのだが現場が

狭く、又腕組みして見物しているかのような多くの人々に動きが

ない中では、手の出しようも無かった。

やがて常備の長崎市消防署の車が到着して消火活動が始まった。

「火事は最初の5分間」だと言うのに、消防行政でも遠隔の地の

課題に不遇な格差の一面を見せつけられ、救急救命にも不安感

がよぎった。

080802_1603~0001.jpg  080802_1604~0001.jpg
080802_1610~0003.jpg  080802_1608~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
- | 次の10件 できごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。