So-net無料ブログ作成
検索選択

東京の夜。新宿歌舞伎町界隈。バー「十月」で談論風発。 [お店]

新宿駅地下街の看板には、花火に浴衣姿が登場。

区役所入り口には、広島長崎の平和の火が絶えることなく燃え続けている。

歌舞伎町は、不夜城だが、長男の行きつけのお店だと紹介されたバー「十月」は、

文士、芸術家たちの「たまり場」。良い意味で言えば、「憩いの場」である。

作家、脚本家、音楽家、写真家、画家、出版者、コピーライター、俳優などなどの

お客さんが、カウンターに7~8人も座ると、後ろは通れないほどの狭さながら、

モナリザの再来かと思わせる美人で、歌人でもあるママさんのマルチな気配りに

よって、それぞれの個性のぶつかりも、うまく調和される。

みんな仲良しなのである。

考え方も、右から左、みんな枯れた?人たちで、多少違ってもお互いの腹の中に納まる。

「十月」のネーミングは、「革命」に関係あるの?と一寸左翼っぽい質問を投げかけてみたが、

「まあね」と軽くいなされた。

店にいてワイワイ、ガヤガヤするなかで、何となく知性が磨かれるような、「十月」は、そんなお店

なのである。

100604_1209~0001.jpg  100604_2042~0002.jpg
100605_0014~0001.jpg  100605_0015~0001.jpg
100605_0014~0002.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。