So-net無料ブログ作成

田上富久長崎市長の平和感を問う。原発災害は人間が制御出来ますか?。長崎市こそ、叡知を示せ。 [発言]

福島原発爆発の不幸から5ヶ月目を迎えようとしているが、未だに復旧のメドはたたない。

発電所から半径20キロメートル以内の警戒区域の人々は我が家へ戻れず、30~40キロ

メートル以遠でも、ホット・スポットと呼ばれる危険地域が頻発して、あとを絶たない。

福島原発による放射線被害は、目に見えず、音もなく、味も臭いもなく、肌にも感じられない

なかで、空気、水、土、海を汚染しているばかりではない。土中に根を張る植物、地下を

流れる水脈、海中に棲息する魚介類、草を食む動物とその肉、乳、など地球上に生きる

動植物が生命を維持する環境が破壊されている。

何よりも、爆発現場には、メドのたたない復旧作業に命を的に従事している労働者がいる。

これこそが「平和の対極にある不幸」である。

原発は人間が制御出来ない技術であり、施設であることが明確になった。

「安全神話」を担い推進してきた科学者たちの中から、或は実務に携わった責任者たちから、

深刻に反省して社会や人々に謝罪声明が出されている事を正しく把握してほしい。

福島原発爆発の検証も反省も無いままに、「ヤラセとサクラ」を総動員して、産業優先の

エネルギー政策の主座に原子力発電所を据えようとする動きが、「脱原発」を掲げる菅首相

の頭越しに、頭をもたげている。

これに対して、田上市長は、「核被害を防ぐ立場」から、明確に拒絶の姿勢と方針を示すべき

責任がある。

平和市長会議の責任者として世界に、非核宣言自治体協議会の責任者として国内の人々に、

平和優先の立場から、「意図的なエネルギー政策論」に惑わされる事なく先見を示さなければ

ならない。

新聞報道によれば、「交通事故があるから車をなくそうという議論にはならない」「二者択一の

単純な議論ではない」などと、産業寄りの発言は、50年前に原発推進者達が盛んに使った

セリフであり、稚拙で陳腐な屁理屈を言っているように聞こえる。

原発立地都市ではない気安な無責任発言であり、放射線被害に全く目を覆った暴論だと

言う外はない。霧の中の高速道路の先が絶たれ、断崖絶壁になっていることを知らない

ドライバーであり、離陸はしたものの着陸する飛行場がないジェット旅客機に乗せられている

乗客の現実を無視した「政治的発言」であり、市民意識に水を指す姿勢だとすれば、

平和市長の名を汚す「赤っ恥」と言わなければならない。

今を繕っても、夫々の原子力発電所には、必ず寿命が来る。格納容器は取り替えられない。

日本列島に54ヶ所の放射能の墓場が残る。不気味に放射線を何万年も出し続け、

誰も立ち入れない危険地帯となる。

8月9日の「平和宣言」が世界中の人々の心に響き、歴史に刻まれる崇高でかつ具体的な

平和の指針として、長崎市から発せられるよう望んでいる。

長崎市議会議員 井原東洋一

110625_1117~02.jpg110513_1456~01.jpg100808_1125~00010010001.jpg
110726_1705~02.jpg110726_1704~02.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

玄海原発に関する集中審議。長崎県議会総務委員会。(傍聴) [発言]

玄海原発の運転再開を巡り、僅かに8キロメートルしか離れていない松浦市鷹島町。

防災対策重点地域(EPZ)の見直しが行われるとすれば、松浦市、平戸市、佐世保市、

壱岐市などにも直接影響が及ぶだけに、各議員とも、九州電力の参考人に厳しい質問を

浴びせた。

九州電力株式会社からは、参考人として、取締役 常務執行役員 地域共生本部長 藤永憲一 氏

と執行役員 長崎支社長 荘野 尚志 氏。

まず原子力部門の専門家である荘野支社長から、「玄海原子力発電所の現状と3・11以降の対策」

について説明がなされた。

総務委員会では、予め話合われた4つの課題について、まとめて質問が行われた。

1.ストレステストの内容。

2.再稼働の条件。

3.3・11 以降の対策。

4.再稼働出来ない場合の需給計画について.

であった。

これについて、九州電力からは、ストレステストの内容は未だ不明で国の指示待ちである。

再稼働の条件については、ハード面では整っているが、立地地域はじめ、全九州の皆さんへ

理解を頂く活動が残されている。

3.11以降の対策には、一部実施中のものもあるが、万全の緊急安全対策を実施済みである。

再稼働出来ない場合は、この夏は、ギリギリで供給ができるが、残り3基が定期検査で停止し、

原発全てが停止すると、殆ど予備力はなくここ数年は極めて厳しい事態であり、自家発への協力要請、

大口需要家のみならず、一般家庭への省電協力をお願いしなければならない。

などの答弁がなされた。

各委員からは、ヤラセメールへの不信感と厳しい批判。隣接の長崎県や市との安全協定の締結。

中断中の松浦2号基の工事再開。などの意見があいついだが、安全協定や松浦第2発電所建設等

については明言を避けるなど、九州電力への不信感を払拭するには程遠い感が免れなかった。

110713_1219~03.jpg110713_1223~01.jpg110713_1227~02.jpg110713_1220~01.jpg110713_1219~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

被爆都市の田上市長。「脱原発」を表明出来ない姿勢に落胆。 [発言]

今や、世界中の150ヶ国・地域、4,732都市が加盟する「NGO平和市長会議」は、

世界最大の平和団体だと言えよう。

この運動は、アメリカによって広島、長崎に投下された究極の悪魔の兵器、原子爆弾の惨禍を経験した広島、長崎の市長が第2回国連軍縮会議で核兵器廃絶と世界恒久平和実現への都市連帯を呼びかけて発足した。

1986年11月の「世界平和市長会議」第1回理事会では、当然の様に広島市長を会長に選び、長崎市長を筆頭副会長とする13ヶ国の副会長と2ヶ国からの理事を選出した。

長崎市は、本島等、伊藤一長に続いて田上富久市長が3代目の筆頭副会長の任に就いている。

オリンピックのように4年毎に総会があり、中間年には理事会が開かれている。

2009年の第7回総会は長崎市で開かれた。

この平和市長会議の総意として、「核兵器廃絶、世界の恒久平和を目指す2020広島・長崎アピール」が同意され、国連での採択を求めているものの、5年毎に開かれる昨年5月の国連におけるNPT再検討会議では、議題に採り上げることはおろか提案国さえも見い出せず、肝心の日本政府は広島市長、長崎市長による事前の要請にも関わらず、外務副大臣出席でお茶を濁し、ソッポを向いた。

田上市長には、もう一つ、日本国内の1,534の宣言自治体のうち、273自治体が加盟する「日本非核宣言自治体協議会」の会長としての任務もある。

長崎市長には、就任と同時に「平和市長」の冠が付いている。 日本国民は、国策の戦争で原爆の地獄に落とされ、今また国策によって推進された原子力発電所の爆発事故で地獄に落とされた。

「神風神話と安全神話」、「大本営発表と原子力安全・保安院発表」(国と東京電力)は、あまりにも似てはいまいか。

制御不能に陥った原発は、世界中の人々の平和を脅かしている。空気、土、水、海、生鮮食料品、海産物、乳製品など全てを放射能漬けにし、動植物もその命を失っている。

原発から半径20キロメートル以内の警戒区域には立ち入れない事態が4ヶ月近くも続き、終息のメドは全くたたず、国民の不安は高まり、福島県の200万県民の全てを30年間に亘って放射線影響の健康調査に1,000億円を投じるという。調査結果では、当然にも対策が必要となる。

「脱原発」、自然エネルギーヘの回帰は、ドイツ、スイス、イタリアなどの動向を見るまでもなく、放射線被害の経験から、「長崎を最後の被爆地に!」と「長崎市民平和憲章」に高らかに謳い、毎年世界に発信している8月9日の「長崎平和宣言」でも明らかなように、制御不能な原発から放出が止まない放射線被害を目の当たりにし、「脱原発」は当然至極の事である。

しかし、「原爆と原発は異なる」などと、とぼけて国や財界迎合に終始し、判断を右顧左眄して成り行きに任せる政治姿勢は、「オリンピック開催」の突飛な幻想に上気してうつつを抜かしたスピード?に比べて、思考停止状態と言う他はない。

地球環境が放射能の汚染に曝され、命の危険に直面しているとき、その発生源を抑制する発言さえ出来ずに「個性輝く世界都市」、「希望あふれる人間都市」等と文学にも成らない抽象的スローガンで市民を煙に巻こうとしても、被爆者は絶対に騙されないし、福島県民と連帯する。

福島市長は「脱原発」を明言している。佐賀県知事の茶番は見透かされている。

田上市長よ!平和都市の市長らしく、8月9日の「長崎市平和宣言」では、世界への先見性を明確に表明してほしい。

市長が市民が誇れる平和市長たる識見として。

110625_1117~02.jpg100807_1124~0001.jpg100808_1125~0001001.jpg
101201_1546~0001.jpg110605_1456~03.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

稚拙なヤッカミ、下衆の勘ぐり。市長表彰異聞。 [発言]

「隣の芝生は青く見える」「人の不幸は蜜の味」という言葉がある。

長年政治運動・議員活動に従事させていただいてきて、このようなことわざを

思い浮かべる数々の出来事に遭遇し、常日頃行動はしているのですが、、、、、、。

事は、今年1月7日の消防出初式、永年にわたる地元消防団の後援会長として

分団の育成強化、消防行政運営の円滑化に尽力した功績により、重橋照久議員、

井原東洋一議員、吉原孝議員、野口三孝議員外2名が市長表彰を受けた際の話である。

私の場合は、自治会長24年間、連合自治会長13年余の地域活動が評価され、

長崎市消防第7分団長、長崎市消防団本部中央地区担当副団長の推薦により、

消防局の審査会を経て、市長表彰となっている。

他の皆さんも同じ手順で推挙されている。(後日確認した)

地域活動に従事する市民や仲間の代表として、喜んでお受けした次第だが、

この喜びに水を差すような出来事があった。

消防局に「(井原を)なぜ表彰したのか」というクレームが某議員からあったと

いうことを知らされたのだ。

確認したところ某自治会長からの差し金だったようだ。

2月12日に公開の場で、件の自治会長に会ったので「クレームをつけた理由

と目的を文書で回答すること。表彰が不正なものでなかったならば、当該議員を

伴い、消防団長と私にきちんと謝罪する事」を求めた。

変なヤッカミや妙な動きなどに、議員は付和雷同しないほうがいい。

何と馬鹿げたことかと思っていたが、匿名のメールなどで根拠のない卑怯な

中傷文などもはびこっている今、正々堂々とただすべきところはただし、公明正大に

議論しなければとの思いからここに書くことにしました。

隣の芝生が青く見える理由は、羨ましさもあるでしょうが、それだけ隣人が手間ひま

かけて、芝生の手入れをやった結果が青いのです。

ただ青い芝生を手に入れることができたとしても、自分自身での手入れを怠れば

せっかく手に入れた青い芝生も、たちどころに枯れてしまうでしょう。

そして人の不幸の蜜が集まりすぎて笑っていると、そのうちに蜜に誘われた蜂の大群に

襲われて刺されてしまうことでしょう。

どんなにやさしい巨象でも、市民、住民に害を及ぼすならば、たとえ蟻一匹であっても

渾身の力をこめて踏みつぶすというではありませんか。もって肝に命ずべし。

「おかげさまで」の心を忘れずに生きていきたいものである。

110108_2207~0002.JPG

110220_0957~0001.jpg

100210_1634~0001001.JPG

101230_1756~0003.JPG


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

イラ菅が首相になった。この20年間の閉塞感から抜け出せるか。 [発言]

菅 直人首相が誕生した。苦節数十年、遂に権力の頂点に立った今、

勝利と達成感の感慨に浸る暇はない。

市川房江さんの参議院議員誕生に市民運動から立ち上がり、事務局長

として敏腕をふるって勝利させ、やがて自らも政治改革への道を選び、

ひたすら首相を目指してきて、遂に手にした。

初代の野党民主党菅代表と、いま政権を担っている民主党菅代表の

責任の重さは、全く違う。

舌鋒鋭く権力に迫っていた様子が頭の中に残っているが、先ずは党内の一体化。

小沢のカゲを如何に断ち切れるかの難題が待っている。

内政では経済の立て直し、国家財政の健全化、外交では、日米、日中、日韓の

良好で安定した関係のほか、特に、国際社会でリーダーシップを発揮するためには、

日朝関係のトゲを抜かなければならない。

「拉致問題」だけにとらわれず、包括的な解決に独自性を発揮してほしい。

内政での焦点は、事業仕分けに止まらす、ムダな公共事業の廃止に大胆な

政策を実行すべきである。

子ども手当てなどのばらまき福祉施策は、見直すべきで、疲弊の極にある

中小商工業、農・漁業の救済、雇用の確保など、生活基盤を健全にしな

ければ、国民の信頼は得られない。普天間は撤去。憲法は守り抜く。

そんなポリシーを示してほしい。

これまでのような単なるお坊っちゃまでなく、市民派菅首相に期待をかけてみたい。

100605_0819~0002.jpg  100605_0824~0001.jpg
100605_0816~0001.jpg  100605_0824~0002.jpg
100605_0826~0001.jpg

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

コミュニティバス「らんらん」。累積赤字2億7千万円。存・廃の論議深まる。 [発言]

観光、観光、観光が通る。観光と言えば予算が通る。「龍馬伝」と言えば、なお増額。

と戯れ歌で皮肉の一つでも 言いたい位、長崎市政は観光に傾斜し過ぎてはいまいか?

ついこの前、銅座川の新地ワシントンホテル前の県営駐車場が撤去されて、

水辺の散歩道ができる計画を喜んでいたら、新地橋に沿って下流側に幅15メートルの

「歩道」を新設する予算を見て驚いた。

「歩道」とは、ごまかしであり、川幅25メートルに幅15メートル(約100坪)の広場を設ける

計画だった。

銅座川の上部を占拠している建物の撤去を求めるためには、「役所も駐車場にしている

ではないか」と言われるので、長崎県に撤去していただいた。

その説明の舌の根も乾かぬうちに、市が川に蓋をする。何とも話の辻褄が合わない。

毎年8千万円以上を補助している「ランタンまつり」に備える広場を「歩道」だと称して、

下部構造に1億1千万円、上部構造に1億円、合計2億1千万円をポンと「観光」に投ずる。

「らんらん」も「観光」事業である。

平成11年に「日・蘭修好400周年」記念行事のため、3ヶ年運行契約だと説明して

おきながら、長崎バスと密約?して、11年が経った。

初年度から毎年赤字を積み重ねて、累計2億7千88万円。採算ラインを大幅に割り込んで

いるのに、赤字バスが走る。

4億2千万円を投じて、1億5千万円の収入。長崎バスが大儲けして、「観光」が走る。

この、「らんらん」でタクシーがどれだけ泣かされているか、長崎市役所は、

民業圧迫の真犯人だとは言えまいか?

090918_1725~0002.jpg  090918_1715~0003.jpg
090918_1721~0001.jpg  090917_1822~0001.jpg
090918_1705~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

鳩山内閣発足。いよいよ大海原へ静かに船出。国民は即効性に期待。 [発言]

9月16日の特別国会は、日本の政治史上に残る歴史的な時を刻んだ。

55年間もの長きに亘った自民党支配による政・官・財の鉄の三角形と

癒着構造のもとに、巨大企業の利益を優先し、国民生活を犠牲にし続けて

来た歴史は、ここで一旦否定された。

「国民主権の政治実現」に気付いた国民が開いた扉の前に、鳩山首相が立った。

彼にカリスマ性はない。「友愛」を旗印に、政治権力の二元化を排し、社民党と

国民新党と連立し、党内勢力のバランスをとり、専門分野に専門家を配置した

堅実な布陣で、高揚感の中にもかかわらず、落ち着いた静かなスタートで

国際社会へ踏み出した。

喫緊の国民生活、無駄な公共事業、外交、財政再建など、待ったなしの

重要課題が山積しており、「政権交代」を選択した有権者の期待と性急さは

想像以上で、政権は常に鋭い眼光にさらされている。

鳩山首相が就任演説で、国民に「辛抱強さと寛容」を率直にお願いした気持ちは、

よく解る。

「政権交代」が直ちに、目にみえる「政治変革」にはつながらない現実を

国民は理解しなければならない。

しかし、子ども手当。高校の授業料無料化。農業の所得補償制度。年金。

後期高齢者医療制度廃止。日米密約解明。無駄な公共事業凍結。

天下り廃止などの政見公約は、国民の胸の底まで届いている。

「脱・官僚支配」は、「次官会議廃止」ですでに目に見えた。

野党に転落した自民党、公明党が鳩山、小沢の個人攻撃戦術でジャブを

仕掛ける事は間違いない。

しかし、大局をみている国民からは、逆に「揚げ足取りばかり」だと嫌われる

結果になるであろう。鳩山政府は待ったなしの試練の、まず一つを解決しよう。

そして単打を重ねよう。

090917_1018~0001.jpg  090917_1017~0001.jpg
090914_1650~0001.jpg  090914_1650~0003.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

市立桜ヶ丘幼稚園の存続について(3) [発言]

長崎市の幼稚園費は、総額で毎年およそ4億5千万円。

そのうち公立の4園分は、職員給与費約7千5百万円をを含めても合計して

約1億円である。私立に対しては、幼稚園就園奨励費補助金や、

私立幼稚園職員研修費補助金、私立幼稚園協会費補助金などに約3億5千万円が

公費から支出されている。

ちなみに、ランタン祭りには、毎年約9千万円が公費負担されている。

長崎市は、「桜ヶ丘幼稚園は、園児が一部地域に偏っているので、公費負担の

公平性に欠ける」などと、トンチンカンな包括外部監査からの指摘を、鵜呑みにする

バカさかげんである。

「お手手つないで幼稚園」、歩いて通園出来る範囲にあるのが幼稚園である。

バスを走らせ、通園区域以外から園児をかき集めるのが異常なのであって、

バスでの送り迎えに委ねるのは、子どもから、目を離し、手を離し、心を離す事に

ならないのか?親と子が共に学ぶ幼稚園が望ましく大切な事を、外部監査員も

長崎市の市長もこども部長も教育長も知らない。まさに幼児以下である。

或いは、知っていてお金がもったいないと言うのだろう。子育ての手抜きの勧めと

言うほかはない。

先進地は、保護者負担を軽減するため、私立幼稚園通園児を持つ家庭に

保育料の公立との差額を補助している。

保育園は、保護者負担に公・私の差はないのである。

観光、観光、観光、箱物、箱物の市政では幼児教育に気も回らず、血も涙もない。

彼らのドライな「費用対効果論」がまかり通る。無駄の象徴・新幹線が先行する。

080808_1826~0002.jpg  080609_0944~0002.jpg
090908_1604~0001.jpg  090528_1807~0002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

政権交代成る。民主党圧勝。しかし、国民の注目を軽視してはならぬ。 [発言]

山が動いた。

民主党が圧勝し、単独過半数を大きく超え、絶対安定多数を確保した。

自・公政権によって失われた10年。小泉改革で拡大した各般に亘る格差。

壊された医療、福祉、教育、暮らしと命の危機などの国民生活の重大な課題に、

全く反応できなかった3人のお坊ちゃん首相に圧倒的多数の国民が、NO!を

突きつけた。

自民党、公明党の大物が次々に落選し、長崎県では4選挙区を民主党が独占し、

特に、長崎県2区では、「えりこのクマ退治」も実現した。

しかし、民主党は決して奢ってはならない。真に官僚支配ができるのか、

マニフェストに掲げた主要政策が実現出来るのか、財源をどうするのか、

全て未知の世界への船出だからである。

また、憲法9条、対米政策、世界平和への姿勢、巨大公共事業などに

どのように対処するのか不安が残っている。

国民が鋭く注目している事を軽視してはならない。

090830_2301~0002.jpg   090828_1745~0002.jpg
090830_2256~0005.jpg 050519_1713~001001.JPG
090828_1525~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

衆院選。街頭活動いよいよ今日まで。変革の瞬間に立ち会う期待。 [発言]

今度こそ、この総選挙で美しい花を咲かせよう。原爆は嫌だ。戦争は嫌だ。

失業は嫌だ。貧乏は嫌だ。生活不安は嫌だ。憲法9条を厳守しよう。

憲法25条を徹底しよう。世界平和に貢献しよう。アジアの共生をはかろう。

自然環境を護ろう。雇用不安を無くそう。無駄な巨大事業は止めよう。

高級官僚の天下りはダメ。農林・水産・中小企業は国力の基礎だ。

労働力こそ富の源泉だ。教育、健康、医療、福祉の荒廃を転換し、子どもが

健やかに育ち、いのちが大切にされ、人間の尊厳が尊重され、少数者と弱者が守られ、

差別のない民主的な社会を創ろう。

革命でなくともそれらはできる。体制と仕組みにメスを入れて、政・官・財の癒着構造を

断ち切る。 自・公政権による積年の悪弊との決別は、有権者の投票行動で決まる。

新しい政権が選択される。

民主党もその主権者のうねりを軽視する事は出来ない。国民との約束だから。

私は、こんな思いで政権を選択する。

澄み切った青い空と美しい海のような政治を手にしたい。

090828_1525~0001.jpg   090807_1049~0004.jpg
090807_1050~0001.jpg   090804_1300~0001.jpg
081223_1310~0001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。