So-net無料ブログ作成
検索選択

イチローの大記録。おめでとう。 [スポーツ]

イチロー選手が8年連続200本安打達成。

大リーグで107年振りのタイ記録と言うから驚く。

大リーグでの日本人選手の活躍ぶりには目を見張るが、

野茂投手の最多勝利を超えた松坂投手も、どこまで勝利数を

伸ばすがが楽しみである。

野茂の求道者のように冷静な姿勢にも感服していたが、

イチローの全てにおける抜群な記録は、限界というものを感じさせない。

本人の言葉によれば、「恐怖との戦いだった」との事だが、打つ、走る、

滑る、守る、投げる、すべてが華麗な絵である。

「柳に風折れなし」と言うが、独特な方法のもとに鍛え続けられている

強靱な肉体からは、しなやかさとバネが感じ取れる。大

記録達成の度毎に、「結果ではなく、すべては努力の途中だ」と表現する

ところに、彼の凄さがある。

クールなようで、熱い。

おめでとう。イチロー。

080902_1737~0001.jpg  050519_1712~001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

いい顔 北島康介 [スポーツ]

「金」が全てではないとは思いながらも、北島康介の金は、輝きが

違うように思ってしまう。

世界新記録での優勝おめでとう。いい顔だ!

080812_2144~0003.jpg   080812_2142~0001.jpg
080812_2140~0001.jpg   080812_2138~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

早稲田、早稲田、早稲田、早稲田、「荒ぶる」歌う。 [スポーツ]

 

巨人か阪神かといえば、阪神。早稲田か慶応かといえば早稲田、長崎東高校か西高校かと

いえば東高校。これが私のファン気質。

新年初頭の箱根駅伝で、逆況からの早稲田の往路優勝は本当に嬉しかった。復路と総合優勝は、

駒沢に譲ったけれど、来年がある。

第44回全国大学ラグビー選手権では、決勝戦で慶応と対戦。慶応をノートライに抑え26対6で快勝

した。2年振り14回目の優勝であった。

日本一になった時だけにしか歌う事のない「荒ぶる」が高らかに斉唱された。涙が出た。

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

早稲田大学、箱根駅伝で堂々の往路優勝。ラグビーも決勝進出。 [スポーツ]

 

第84回東京箱根間往復大学駅伝競走で早稲田大学チームは、箱根山登りで区間賞に

輝いた主将、駒野亮太の快走で、12年振り13度目の往路優勝を飾った。

この日は、全国大学ラグビー選手権の準決勝戦が行われ、早稲田大は帝京大と対戦。

12対5の僅差で辛勝し、7大会連続で決勝戦進出を決めた。先に明大に勝利した慶大と

14度目の優勝を目指す。慶大が勝てば4度目の優勝となる。

相次ぐ早稲田の快進撃に、早稲田大OBを抱える我が家は歓声しきり。ただ、箱根駅伝は、

駒沢大OBもいる我が家としては、駒沢大の底知れぬ強さがあるだけに、大会2日目の復路

と総合優勝が決まるまでは、はしゃげない。案の定駒沢大の総合優勝で、駅伝では三男に

凱歌があがった。

それにしても、3チームが途中棄権となる過酷なレースであった。

   

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

長崎北陽台高校快進撃。準決勝へ。 [スポーツ]

 

第87回全国高校ラグビー選手権大会で長崎県代表の北陽台高校が活躍するであろうとの

期待はあったが、元旦の試合で九州の名門大分舞鶴を15対5で下し、長崎県民に新年早々

大きなプレゼントを与えてくれた。

そして3日は、ベスト4を賭けて強豪の奈良・天理との対戦となった。前半にリードされていた

試合は、土壇場に大逆転、14対10で勝利をおさめ見事にベスト4に残り、優勝まであと2つ

となった。 それにしても、九州勢は凄い。東福岡は佐賀工業と九州同士の対戦となったが、

24対17で佐賀工業を逆転劇で下し、東福岡がベスト4に残った。

幸いにして、準決勝戦で東福岡は、神奈川の桐蔭学園と対戦するので九州同士の対決は

ないが、桐蔭は先の国体で優勝し、今大会優勝候補の筆頭と見られている強豪で油断でき

ない。北陽台もあと一つ勝てば、優勝戦を九州勢同士で対戦する期待も膨らんできた。

頑張れ北陽台高校!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

理容梅ヶ崎支部ソフトボール大会。珍プレーもまた楽し。 [スポーツ]

 

長崎県生活衛生同業組合梅ヶ崎支部の第23回親睦ソフトボール大会が、22日(月)

ダイヤランドの第3グラウンドで開催され出席した。

かつては、1区から5区までの対抗戦であったが、現在では紅白2チームに分けての

ダブルヘッダーである。

「全理連」九州大会での優勝経験もあり、長崎県大会では常勝のメンバーがいるだけに、

好打に巧打、攻守も多いが、高齢者や不得手な者も加わった親睦試合だからこそ、珍プレー

も続出して湧き、見物人との一体感が生まれるのである。

私もピンチヒッターに起用され見事にレフトへの快打を飛ばし、得点もしてこの日打率10割を

記録した。(エヘン!)

試合が終われば本番の親睦会で二重に盛り上がる。

12月3日には、この支部も諫早市で「県理連」が主催する「グランドゴルフ大会」に初参加する。

  

  


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

佐賀北高校、全国4081校の頂点に立つ。優勝おめでとう。 [スポーツ]

 

第89回全国高校野球選手権大会は、県立普通高等学校の佐賀北高校が劇的な

逆転勝利を収め、全国4081校の頂点に立つ見事な優勝を飾った。

4対0で迎えた8回の裏、押し出しで得た1点に加える副島の満塁逆転ホームランで、

強豪広島広陵高校の息の根を止めた。

全く感動的な試合であった。感動をありがとう。

    

    


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

高校野球、長崎日大ベスト8へ。東福岡は散る。孫たちの夏。 [スポーツ]

 

孫の大樹がピッチャーとして所属する東福岡が福岡県代表で、また同じく孫娘の

歩が通う長崎日大が長崎県代表として第89回全国高校野球選手権大会に、

共に甲子園出場を果たした。

小学4年生から、リトルリーグで硬球になじみ中学生リトルシニアでのピッチャーを

経て、東福岡高校野球部からスカウトされ推薦入学した大樹が夢に見た甲子園。

まさか2年目にして現実のものになろうとは、家族にとっても正に夢見心地だった。

ただ、残念だったのは、練習中に足を負傷してベンチ入りはかなわず、応援団で

気を吐いた。一回戦は延長戦の末に突破したものの、二回戦で広島広陵の前に

涙をのみスコアボードがかすんだ。しかし、きっと落した涙の向こうに来年がある。

大樹よ!涙を忘れるな。苦闘の練習に汗を流せ!

孫娘の歩は、この夏「核兵器廃絶、世界平和を目指す高校生1万人署名活動」に

参加して光る汗を流した。歩の母校・長崎日大は、見事に三回戦突破、堂々の8強

一番乗りを果たした。歩よ!応援にも気を抜くな!

    

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

甲子園への夢叶う。大樹頑張れ。 [スポーツ]

 

我が孫、井原 大樹の自慢話。小学4年生からリトルリーグの一員として練習

してきた硬式野球。中学生では、リトルシニアで投手として活躍。常に目指すは

甲子園であった。

中学3年生になって間もなく、スポーツ名門校の東福岡高校から、野球推薦入学

の勧誘を受けて、すんなり入学。

寮生活の不慣れや、人間関係の難しさや怪我で、一軍メンバーを外される挫折感

も味わったが、2年生のこの夏、5試合連続の逆転勝利、優勝候補にコールド勝ち

するなど快進撃を続け、遂に福岡県代表として甲子園への切符を手にした。

応援席の中心メンバーから、晴れの甲子園のマウンドや打席に立てるかどうかは

わからないが、小さい頃からの夢が叶えられた事は、何ににも代え難い感激と喜び

に違いない。

大樹よ! よくぞ頑張った。おめでとう。


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:moblog

「燃える男」星野ジャパン。 [スポーツ]

 

北京オリンピックにむけて、金メダル獲得を目指す日本最強の野球チームが編成される。

そのトップに中日、阪神などで優勝経験が豊富な「燃える男」星野 仙一が就任した。

最善の人選だと思うがそこはやはり、日本プロ野球界を背負ってきた長嶋、世界一を

達成した王さんの両雄から推薦の同意と言葉を取り付けるなど、完璧なまでの環境下

での人選はさすがだった。

「金しか要らない」と宣言した星野監督のもとにコーチを務める田淵、山本、大野の三氏も

また日本プロ野球界で、名実ともに大スターの座を欲しいままにしてきた抜群の人達で

最善の布陣となった。

あとは、イチローや松井や松坂や井川など活躍の場をアメリカに置くスター選手をはじめ

日本のプロ、アマ球団からの選手選抜がスムーズに行われ、そのチームワークが如何に

上手くとれるかにかかっている。

ワールドベースボールでのイチローのような実力と配慮に充ちた人物の役割が「金メダル」

を掴み取り得た大きな要素となった事が強く印象に残っている。

アジアでは、韓国、台湾が強敵であり、アメリカもキューバも世界一を狙っている。

大リーグに人気を奪われてしまっている日本野球界が、息を吹き返す好機となるよう

星野ジャパンに限りない声援を送り、この人こそはきっと実現してくれるものと胸が躍る。

仙チャン、ガンバレ!

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog