So-net無料ブログ作成

リサイクル推進員研修会。 雲仙小浜ウエルハートピア。 [自治会]

 

片渕4・5丁目自治会の環境部・リサイクル推進員研修会を雲仙市小浜町のウエルハート

で開催した。

ごみの分別、資源物の回収、ステーションの清掃など積極的に携わっている「リサイクル

推進員」(市長任命)の研修・慰労の集いである。

ビン、アルミ缶、ダンボール、雑誌類、古新聞紙、など年間の回収量は、数十トンに上り

自治会財政にも多大の貢献を果たしており、日頃のご苦労の慰労である。

研修の後は、お決まりのカラオケで各自ご自慢のノドを競いあった。

    

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

役員・評議員研修会。片渕4・5丁目自治会。 [自治会]

 

片渕4・5丁目自治会(井原東洋一会長)は11月23日、諫早市高来町の「いこいの村長崎」

に役員、評議員、各種行事の実行委員を集めて、自治会活動の研修と日帰りの慰労会を

開いた。

多良岳山系の白木原岳山腹に所在する「いこいの村長崎」は、有明海を眼下に見下ろし、

真正面には先日完工式を迎えたばかりの「諫早干拓潮受堤防」が諫早市から雲仙市まで

7キロも続いて有明海の潮目を分けている。国と長崎県は、長崎、佐賀、福岡、熊本4県

漁民への計り知れない被害を置き去りにし、広大な遊休農地への対策を怠りながら、新たに

700ヘクタールもの干拓農地を造成した。

矛盾を抱えた埋め立て海面の調整池の淀みは、政治の無謀さを映しているように見える。

トロン温泉から眺める平成新山と普賢岳山系の遠望などの絶景は、「いこいの村長崎」の

「売り」の一つであり、研修後の懇親会もおいしい料理と親切なもてなしを受けて大いに

盛り上がった。

   

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

第4回「和子杯」。優勝・片渕3丁目自治会。 [自治会]

 

A、B二つのブロックでのリーグ戦を制したチームが対戦して優勝と準優勝が決まる。

ブロックでの2位同士が対戦して3位、4位が決まるルールである。

わがレッドカブス(片渕4・5丁目自治会チーム)は、Bブロックでの第1試合、第2試合

とも最終7回に逆転サヨナラ負けを喫して今年も涙をのんだ。

亡妻和子の名前を冠にした「和子杯」は、優勝した片渕3丁目が手にした(2回目)。

準優勝は、特養かたふち村チーム、3位は、長崎リトルシニアリーグであった。

優勝した片渕3丁目では、小、中学校の野球部選手が大活躍したのに比べ、我がチーム

は、平均年齢が高いばかりか、プライドの高さも抜群で、理論に実技が伴わなかったものの、

公民館での反省会だけは優勝したチーム並であった。

    


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

第4回和子杯。片渕近隣公園で熱戦。 [自治会]

 

片渕近隣公園登録団体の親睦を兼ねた「和子杯」争奪ソフトボール大会が

11月11日8時半から開会された。

登録団体のうち強豪のクラブチーム3団体が、別の試合で欠場したため、本命無しの

面白い試合展開となっている。

わが「レッドカブス」(片渕4・5丁目)も初優勝の期待がかかる。

   

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

第15回文化祭。(片渕4・5丁目自治会) [自治会]

 

片渕4・5丁目自治会(井原東洋一会長)が主催する「第15回文化祭」が、3日~4日の

2日間に亘って片渕公民館で開催されている。

この催しは、自治会の文化・婦人部(山田優子部長)を実行委員長とし、自治会会員の作品

を総結集したもので出品内容も多彩である。

書や絵などは県展入選作もあり写真、南画、俳画、イラスト、木彫り、陶芸、豆盆栽、洋裁、

即売用の手芸品、、廃油石鹸、惣菜品、バザー商品などが所狭しと展示されて、朝から人気を

呼んでいる。

来館者には、おはぎとお茶のサービスがあり、おしゃべりコーナーも設けられていて、くつろぎ感

も満点。

常連の出品者と観覧者に毎年新人も加わっており継続の力が発揮されている。

文化の日にちなむ我が町の自慢行事の一つである。

   

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

階段道路の白線引き。老人パワーで仕上げる。 [自治会]

 

9割近くが斜面地の片渕4・5丁目自治会(井原東洋一会長)では、天に続くような羊腸の

階段道路に、歩行の安全のため、年に2回程の白線引きを実施している。

数えきれない幾筋もの階段を残らず塗り尽くすには、年に2回では不十分ながらも、会員各位

から大変喜ばれている。

この作業の主役は、概ね高齢者である。汗を流した後の打ち上げは、文化・婦人部有志によって、

労をねぎらう「超一流の手料理」が用意されていて、ビールと焼酎が美味しく五臓六腑にしみわたり、

時間を忘れて盛り上がるのである。

    

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

「片渕芸術団」熱演。 中国からの留学生も特別出演。 [自治会]

 

片渕4・5丁目自治会の敬老会は、アトラクションも殆ど全てを会員有志が出演して

盛り上げる。

今年もたくさんの民踊、舞踊、三味線演奏、民謡、手品などに加えて、中国から

長崎大学大学院生として留学中の、寥 明智さんが特別出演。

母親出身地の民族衣装をまとい、珍しいひょうたん笛の演奏と、夜香花、空港、昴など

を熱唱して拍手の嵐に包まれた。

日中交流も深まったところで万歳三唱、来年も明るい笑顔でと再会を誓い合った。

   

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

敬老対象者263人(片渕4・5丁目自治会) [自治会]

 

片渕4・5丁目自治会(会長・井原東洋一・長崎市議)(約400世帯)では、17日敬老の日

に毎年恒例の手作り敬老会を開催した。

長寿者が増え続ける今日、我が町の長寿人口も年々増えている。73歳からの対象者は

263人、最高齢は95歳が男女各1人、全体では、女性が7割を占めている。

会場の公民館は前日から飾り付けなどの設営が行われ、当日早朝からは、文化・婦人部の

皆さん手作りの料理が準備された。

新しく敬老対象者となった昭和9年生の28名を代表して、安田 恵子さんがお礼と決意を述べ、

会長からは、節目の90歳2人と95歳3人に長寿祝が贈られた。

賑やかに乾杯。館内に笑顔が広がった。

   

    


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

さすがに片渕船。群を抜く催合船での精霊流し。 [自治会]

 

長崎の夏の伝統的な宗教行事ながら、一大風物詩となっている「精霊流し」は、

8月15日の夜、長崎市内一円から、流し場に指定された82箇所への道すがら

「チャンコン、チャンコン、ドーイドイ」と鉦の音にあわせ、かけ声をかけながら町

なかを練り、初盆の御霊や先祖へのお供物を運び、追悼する。

しかし、近年は、長崎県庁前の特設ステージから解説付きでテレビ放映されるため、

こぞって県庁前を通るコースに集中し混雑が倍加する。中には、おくんちの川船を

真似て道路上で船をぐるぐる回す不届き者や、大量の爆竹をダンボール箱ごと火をつけ、

爆発させる危険極まりない暴挙を繰り返す無法者もいて、精霊流しの静謐さと厳粛さを

損ねて、いたずらに見物客の恐怖感を煽るなど、行事の本質と品性を落としているのは、

ゆゆしい事である

我が片渕船は、魔除けを意味する爆竹以外は花火を使わず、また、途中での飲酒は、

一切行わない模範的な精霊流しだと自負している。

また、三連で27メートルにも達する長大さと、蛍光灯で飾った明るさなどは多くの催合船

の中では抜群の出来映えだと思う。 流し終わっての打ち上げでも自慢話が深夜まで

続いた。

この日長崎市内で流された船は、1648隻で昨年よりも相当増えており、後始末の清掃

費用は、一夜にして2400万円に上ったと言う。

    

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

先陣きって、ふれあい夏祭り [自治会]

 

21日17時から、ボンヌール長崎自治会(実藤 義人会長)のふれあい夏祭りが開かれた。

上長崎小学校区内の先陣をきる140余世帯の大型マンション自治会が主催するこの催し

には、地域の自治会長などたくさんの来賓が参加し、かわいい浴衣姿や陣平姿の子ども

たちもはしゃいで賑わった。

昨日から今日にかけては、伊良林校区の校区まつり、来月18日は、桜町小学校区の夏祭り、

そしてしんがりは、我が片渕4・5丁目自治会(井原東洋一会長)の第16回ふれあい夏祭りが

予定されている。

この時期の長崎は、7月下旬から8月中旬にかけて、9日の長崎原爆の日の祈り、15日は、

長崎の夏の伝統的風物詩「精霊流し」が行われるため、各町ともその準備に忙しい。

   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。