So-net無料ブログ作成

平成23年度「古賀植木まつり」 閉幕。天候に恵まれ入場者多数で賑わう。 [季節]

5月1日から5日まで、ゴールデンウイークに開催されていた初夏恒例の

「古賀植木まつり」は長崎市植木センターを主会場とし、また周辺に散在する

個人の庭園や植木園を巡る「植木さるく」も実施され人気を呼んでいた。

古賀植木園芸組合の松本正登組合長から聞いたところによれば

「幸いに天気にも恵まれ、たくさんの人々にご来場いただき、大変賑わった」

との事だった。私も開会日と、最終日の5日に訪問し、選挙中に散水を怠って

枯れてしまった庭先の木々や草花を植替えるため、センター内の「モデル庭園」

を参考にして、夢を描きながら、まずは多種類の花々を求めて帰った。 

長崎市議会議員 井原東洋一

110505_1614~0001.jpg  110505_1614~0002.jpg
110505_1618~0001.jpg  110505_1637~0001.jpg
110505_1635~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

茂木びわが旬。遠方の知人たちに贈る。 [季節]

長崎が誇る名物の一つ「茂木びわ」の出荷が最盛期をむかえている。

宮摺町の坂本 進さんは、「自分のびわこそ日本一だ」と公言してはばからない。

海藻、貝殻などを配合して独自に調合した肥料を使い、大玉の「陽玉」を手塩に

かけて育てており、今年は特に大玉に実っている。

電話を受け、早速出向き、旬の名品を関東、関西、沖縄などの友人に贈った。

090531_2257~0001.jpg100601_1756~0001.jpg
100601_1755~0001.jpg090531_2243~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

「大藤まつり」に、「酒まつり」そして「さげもん」。最後は「葛きり」でおさめた。 [季節]

八女・黒木の「大藤まつり」の期間には、それにあわせて、地域の町

あげての大々的な物産展が催されている。

お茶の名所・八女の中でも特に玉露部門で5年連続日本一に輝いている

星野茶を始め、蜂蜜、蒟蒻、各種野菜などのほか、栗おこわ、竹の子飯、

漬け物などの食料加工品、陶器、木工品、花木、鉢植の小花など、

何でも揃っている。2軒の造り酒屋では、「酒まつり」で賑わい、それぞれに

銘酒の大吟醸から純米吟醸、吟醸各酒、原酒、生酒、にごり酒、焼酎、

粕漬け、酒饅頭まで取り揃えられ大繁盛。

利き酒コーナーもあったが、車の運転ではままならず、原酒をそれぞれの

店から一本ずつ買い求め、口惜しさを我慢して通り過ぎた。

酒蔵の中では、絵画展、石楠花や藤の苗木即売、この地方独特の

民芸品である「さげもん」飾り、「竹灯籠」の展示、「手鞠」の即売もあった。

老舗に憩い、名物「葛きり」を戴いたが、「抹茶」よりも「黒みつ」を選び、

「利き酒」の鬱憤を甘いものでごまかして、「葛湯詰め合わせ」を土産にした。

100429_1417~0001.jpg 100429_1436~0001.jpg
100429_1437~0001.jpg 100429_1441~0001.jpg
100429_1442~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

黒木の「大藤まつり」。今年は短めだった。 [季節]

4月17日から始まっている福岡八女・黒木町の今年の「大藤まつり」に行ってみた。

樹齢640余年と言われている原木は、「日本7大の大藤」だと称されている。

確かに1、5メートルを超える長い花のれんを観た時の感動は忘れられない。

優しい香りを漂わせながら、微かな風に揺れ動くさまは、気品が高い和装美人の

立ち居振る舞いにも似て、何ともいえない風情がある。

更に薄紫色なのが貴賓さを一層高めている様に思う。

そう言えば、人気女優の黒木 瞳さんは黒木町の出身とのことで、ついつい

藤の花の美しさに重ねてしまう。

長崎県下にも、藤の花で有名な佐世保市の藤山神社があるが、ここでは

藤色、ピンク、白色など多彩な種類の藤の花がその美しさを競っている。

しかし、私はやはり「藤色の藤」が好きである。

一昨年4月25日に、同じ黒木で観た藤の花の豊かさに比べて、今年の藤は

一寸淋しすぎた。

100429_1424~0002.jpg  100429_1416~0001.jpg
100429_1426~0001.jpg  100429_1423~0001.jpg
080425_1736~0002.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

路傍にも秋の草花。富山の巨大スイカで暑気払い。 [季節]

9月に入り、朝夕は涼しくなり、路傍には秋の草花が揺れている。

夕ぐれ時には、虫の音も聞かれる。

久しぶりに訪れた小料理・篝火で、富山の巨大スイカを戴き、暑気払いをした。

しかし、市議会では今日から市政一般質問でまだ熱気が続く。

090824_1055~0001.jpg   090903_1353~0001.jpg
090902_1825~0001.jpg   090830_1726~0001.jpg
090903_2008~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

猫もグッタリの残暑に、秋の気配も。 [季節]

我が町には、猫が特に多いように思う。

階段の踊場ごとに、子猫が寝そべって、目の前に5匹もいる。

グッタリして残暑を避けているものの、はや、秋の気配も感じられ、トンボも飛び交い、

草花も秋への装いをはじめている。

090830_1722~0002.jpg   090830_1721~0002.jpg
090830_1234~0001.jpg   090830_1232~0001.jpg
090830_1726~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

花は、それぞれに個性的で美しい。 [季節]

議会のホットな議論が続く議場の周りには、紫陽花をはじめ、季節の花々が

美しい。

本会議場にも長崎の市花「あじさい」が飾られている。

090611_1735~0001.jpg  090611_1735~0002.jpg
090612_1756~0001.jpg  090610_1219~0001.jpg
090610_1220~0003.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

仁田峠のミヤマキリシマ(雲仙ツツジ)満開。 [季節]

今年は、花の季節に国の内外を飛び回っていて、藤もツツジも、

シヤクナゲも見物する機会を失っていたので、残念な思いにかられて

いたが、仁田峠のミヤマキリシマが満開との報道をみて、今年の最後

のチャンスだとばかりに車を走らせた。

4月1日から、仁田峠登山道路が無料になったこともあってか、通常日

なのに数多くの観光客が訪れて、峠も賑わっていた。

ミヤマキリシマは、妙見岳の裾野を多様な色彩で彩り、新緑にも映えて

見事な景観であった。

鶯も上手な高音を張り上げ、遊歩道のすぐ近くで、ホーホケキョと何羽も

競っている。チチチ、チチチと別の小鳥たちも負けておらず、野鳥の交響楽

のようである。

の原の大群落もまだ十分な見頃であった。

090513_152618.jpg090513_151154.jpg090513_145825.jpg
090513_150108.jpg090513_145455001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

篝火でのお花見。 [季節]

お店いっぱいのツツジ。

根こそぎ取ってきたようだ。

季節の花を大胆に飾る小料理屋篝火。

090418_1949~0002.jpg   090418_1949~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

小江原の八重桜。花見の宴。 [季節]

小江原西部自治会の公園に咲く八重桜は、重層な花の固まりが

素晴らしく、たわわに実る果物にも似て、類例を見ないような

艶やかさである。

昨年まで有志による花見が、今年から、自治会行事に格上げされ、

各自持ち寄りのご馳走と飲み物で、酔いも早めに回った。

090418_1646~0001.jpg  090418_1646~0002.jpg
090418_1734~0002.jpg  090418_1734~0003.jpg
090418_1734~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。