So-net無料ブログ作成

片淵4・5丁目自治会敬老会。自前料理に自前芸術団。 [お祝い]

片淵4・5丁目自治会(井原東洋一会長)は、9月21日の敬老の日の11時から、

町内の73歳以上249名の高齢者を対象に、「敬老会」を開催した。

前日から役員や有志が智恵と力を出し合って会場を設営し、女性部は

そこらのプロにも負けない料理の技を出し合って、高台にある公民館への来場を待った。

最高齢95歳、90歳以上15名を数える対象者のうち、53名の皆さんの元気な姿を

迎え入れた。

物故者への黙祷、会長からご長寿をお祝いする挨拶、90歳と95歳の節目の高齢者

への祝い金贈呈などと進行し、「15名の新入者(73歳)」の代表からお礼の言葉を

受けて乾杯。

手作りの豪華なご馳走に、皆さんの感謝と喜びの声を聞き、お世話する全員も満足だった。

宴たけなわとなり、「片淵芸術団」の出番である。

祝舞に始まり、民踊、舞踊、三味線演奏、相撲甚句、安来節、コント、手品、歌謡、

詩吟などと切れ目なしに芸能は続いた。

たっぷり2時間半、まだまだ名残惜しさの中でお開きの乾杯となった。

別包みのお土産を手に手に、来年の元気な再会を誓い合い、あふれる笑顔で散会した。

090921_1509~0002.jpg  090921_1126~0001.jpg
090921_1237~0001.jpg  090921_1223~0003.jpg
090921_1312~0003.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

賑町青年部主催による「賀寿の会」。「花月」にて。 [お祝い]

賑町青年部は昨年の「長崎くんち」に「恵比須船」を奉納した勢いがまだ旺勢である。

青年部が主催して、喜寿を迎えられた大岩さん、荒木さん、還暦の石野さん、高村さん、

厄入りの元村さんの「賀寿祝」が、367年の歴史を重ねた丸山町の長崎県文化財

「史跡料亭・花月」で盛大に開かれた。長崎倹番の芸者さんたちの指導による、

お上品なお座敷遊びも若者らしくアレンジして、ハチャメチャさも加えられ、大ブレイクした。

井原西鶴が「長崎に丸山という所なくば、上方の金銀無事に帰宅すべし」と記した丸山の

面目躍如と言うことであろうか。

かくして、賑町の老・中・青の関係は益々濃密さを深めるのであった。

090620_1837~0001.jpg  090621_1937~0001.jpg
090620_1919~0001.jpg  090620_2102~0001.jpg
090620_2102~0002.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

川瀬 正博さんご苦労さん会。全九電同友会総会も。 [お祝い]

全九電長崎支部の書記長として「原則を貫き妥協しない川瀬」

名を高め、常に会社側が手を焼いていた川瀬正博さんは、

組合活動、政党運動でも正義感に満ちた誠実な姿勢で、

42年間のサラリーマン生活を終わり、3月31日に九州電力を

退職する。

会社や反動的な労働組合の幹部たちは、ホッと安堵の胸を

撫で下ろしているかも知れない。

13日には、長崎市の「ホテルニュータンダ」に長崎県下の有志

凡そ30人が集まり、鈴子夫人共々に労をねぎらうご苦労様会と、

同時に全九電同友会事務局長就任をお祝いした。

川瀬正博さんは、全九電長崎の歴史と自らの運動とを重ね合わせて、

感慨深く自信にみちた挨拶で締めくくったが、やはり彼には時間が

足らなかった。

きっと彼は正義の運動を止めることなく、生涯現役を貫くに違いない。

同友会会長には、野口伸一さん(元全九電長崎支部委員長・現事務局長)

が昇進、副会長には倉 幸男さん(佐世保)が就任して、三役が20歳ほど

若い世代に交代した。

1泊2日の語らいは、懐かしい昔に戻った。

090313_2038~0001.jpg  090313_1941~0001.jpg
090313_2017~0001.jpg  090313_2022~0001.jpg
090313_2046~0001.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

齢・73歳。孫たちからメールのラッシュ。「篝火」の美人ママからも。 [お祝い]

3月9日。満73歳を迎えた。

数日前に、3人の息子達から「元気祝」の品を贈られ、

また、姉や姪や友人たちも「誕生祝いの会」を計画し、

あちこちからお便りや電話を頂くなど、ちょっとしたフィーバー。

当日は、5人の孫たちからもそれぞれに、「益々元気に!」

「健康に留意して!」「飲み過ぎないように!」「ゆっくり休みを

取って!」など気遣いのメールが並んだが、「長生きしてね!」

には、走り続けの人生を、ふと省みる警告だと素直に受け止めた。

小料理「篝火」は、まるで桃の花園。

お雛飾りも、珍しくて高貴なものばかりが大小15種類も揃えられ、

まさに雛祭りの中に迎え入れられた。

その上プレゼントまで戴いた。「貴女の美しさが輝いて、桃の花が

ボケて見える」とお礼の言葉にかえると、美人ママの「若やぐような

流し目」をいただいた。

皆様、有難う有難うと心の底から、感謝!感謝!。

エネルギーは満タンになった。

060102_1605~0001.JPG  090309_1944~0001.jpg
090309_1957~0001.jpg  090309_1945~0001.jpg
090309_1948~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

パーティールーム「ベル・カント」 駅前に開店。 [お祝い]

長崎駅前商店街に、2月14日、新しい文化拠点がオープンした。

食菜厨房「岩崎グループ」(岩崎誠一夫妻)が自社ビル2階に

設けたパーティールーム「ベル・カント」(美しいうたごえ)である。

最大20名程度と、その倍近い人数でも利用可能な大小2つの

部屋には最新式の通信カラオケが設けられており、通常のカラオケ

はもとより、宴会などの二次会に最適な拠点を目指している。

一般的なカラオケルームの閉鎖性とは全く異なり、内装設備は

豪華で開放的、しかも安価な利用料でのリラックス空間となっている。

おつまみ、料理、飲み物などは隣接のレストラン「プリマヴェーラ」で

対応するが、お客様馴染みの店舗からの利用も可能であり、

長崎駅前商店街の全店舗の底上げを目指している。

来賓挨拶に立った私は、「ここに来れば、誰に気遣う事もなく、直ちに

“美空ひばり”になれる、“石原裕次郎”“北島三郎”にも、いや、

“福山雅治”になって自己陶酔出来る。カラオケを開発した井上大祐さん

に感謝し、ここを設けて下さった岩崎誠一様ご夫妻に感謝し、ベル・カント

の名付け親である野下千年中町教会主任神父様に感謝しながら、

大いに活用し、岩崎グループと長崎駅前商店街の発展を確信しましょう」

と結んだ。

各界からの100名近い招待客の中には、早速「石川さゆり」や「五木ひろし」

になりきっている人もいた。

090214_1735~0002.jpg  090214_1821~0002.jpg
090214_1812~0002.jpg  090214_1805~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

美しい花に囲まれて。和子72歳の誕生日。 [お祝い]

2月9日。亡妻和子の誕生日。

子どもから、姪から、美しい花が、それも和子が大好き

だった薔薇の花、蘭の花、水仙などが贈られてきた。

67歳で年がとまったままの和子は若い。

和子は今に生きている。

「お父さん。薔薇を漢字で書けるね?憂鬱て書けるね?」

と難題を押し付けては困らせていた和子を思い出させる

1日だった。

その薔薇が、三男から贈られて来た。

090209_2017~0001.jpg  090209_2014~0001.jpg
090209_2010~0002.jpg  090209_2009~0001.jpg
090209_2009~0002.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

「現代の名工」坂本洋司さん、黄綬褒章受賞祝賀会。 [お祝い]

長崎市役所食堂、通称「さかもとレストラン」のマスターと

言ってしまえば失礼ながら、20年以上も毎日のように

食事を頂いている身からすると、「ヨオー!」という間柄なの

である。

全日本司厨士協会の重鎮として活躍され、数ある賞を

すべて手にしておられたことは良く承知していたが、

平成15年には、厚生労働大臣表彰「西洋料理・卓越最高

技術顧問」そして「現代の名工」に選ばれ、キャップも一段と

高くなり最高の年だったであろうと思っていたが、平成20年

の今年は、更に「西洋料理・アカデミー金賞」に輝いた上、

秋の褒章で「西洋料理の向上に尽力された功績」により

黄綬褒章を受賞された。

誠に喜ばしく、心からお祝いしたところだが、本人は

「昨年亡くなった妻のサポートがあったればこそ」と、まず、

ひろ子さんの墓前に報告されたとの事。

3年忌を前にして、この栄誉はひろ子夫人への最大の

供養になった、と感情移入して胸が熱くなった。

昨20日の長崎全日空ホテルグラバーヒルでの祝賀会には、

国会議員、知事、長崎市長始め各界の知名士、凡そ200人が

参集し、郷土芸能やバンド演奏など友情出演もあって、大変に

盛大な祝賀の会であった。

シェフ姿を見慣れているので、羽織袴姿の坂本洋司さんには

意外だったが、「昨年の還暦祝いに諏訪神社の節分豆まきの

ために、家内が誂えてくれたもの、着用は今夜で2回目」と何時も

妻を思う秘話を聞き、3人のお孫さんからそれぞれ手作りの

金メダルを受けながら坂本さんの目にキラリと光るものを見て、

つい私も、亡妻和子に真の供養が出来ているのかを脳裏に

描き、万感胸に迫った。

081220_1926~0001.jpg  081220_1927~0002.jpg
081220_1918~0001.jpg  081220_1950~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

軍艦島を世界遺産にする会。暫定登録を祝う。 [お祝い]

端島、通称「軍艦島」が、ついに「九州・山口の近代化産業遺産群」

の一つに組み入れられ、平成20年9月26日に文化庁が世界遺産登録

に向けた国内暫定リストに加えて発表した。

まだまだユネスコの暫定リスト入りを経て、世界遺産本登録への道のり

は険しいが、ここに至るまでの努力は、専ら私財をなげうって孤軍奮闘

して来た坂本道徳さん(軍艦島を世界遺産にする会理事長)の献身に

よるものである。4日夜、1,000万ドルの長崎の夜景を見下ろす稲佐山

観光ホテルで「暫定リスト登録の報告・祝賀会」が開催された。

この島で少年時代を過ごして来た坂本道徳さんが、炭坑廃坑後無人島

となって25年後の同窓会で級友達と端島を語り合った時、かれの全身

全霊を揺り動かしたものは、「石炭島が果たした役割も、人々が暮らして

いた歴史も絶対に風化させてはならない。いや風化させない」との強い

決意であった。

彼は、職を辞して「軍艦島を世界遺産にする」という途方もなく壮大で夢の

様な目標を掲げて活動に専念した。

苦節10年、初めは全く見向かれもしなかった運動は次第に世間の耳目を

集める事となり、九州各地の心ある人々と連携し、学者や公を巻き込む

うねりを作り出して、大きな第一歩にたどり着いた。

彼の言葉を借りると、「端島は島の中から観たもので、軍艦島は外から

観たもの。世界遺産の目標は、それが一体化した」という。

「報告会」には田上長崎市長も駆けつけて祝辞を述べたが、これから先は、

行政と市民の役目である。

坂本道徳理事長が、「軍艦島ありきではなく、同時にリスト入りした、

旧グラバー住宅、北渓井坑跡、小菅修船場跡と共に軍艦島がある」と喜びを

かみしめながらも冷静に、特に強調したのが印象的であった。

報告会場の輝きは、眼下に観る長崎の夜景にも勝っていた。

081104_1831~0001.jpg   081104_1805~0001.jpg
081104_1830~0001.jpg   070314_1509~0001.JPG
070314_1459~0001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

中華人民共和国建国59周年記念祝賀会 [お祝い]

中華人民共和国建国59周年にあわせて、日中平和友好条約

締結30周年を祝う記念祝賀会が昨夕、ホテルニュー長崎で

開かれた。

主催した駐長崎中国総領事館の藤安軍総領事は、先の四川省

大地震災害に対する長崎県民の見舞いと支援に感謝の言葉を

述べ、北京オリンピックの大成功に重ねて中国の改革開放政策の

成果を挙げ、長崎との友好交流の益々の発展を促したいと挨拶された。

来賓挨拶に立った金子知事は、国会議員15年間での訪中は2回

だったが知事になって既に15回を数え、3日前に北京から帰った

ばかりと日本の知事では、最も中国通だと胸を張り、文化、スポーツ、

観光、経済交流など各般の友好交流発展に努力することを約束した。

日中国交回復以前には、労働者が中核となって友好運動を進めてきた

ものだったが、30年経った今では、招待者も政、官、経済関係者と

中国からの留学生で溢れ、労働界からの参加者は数人しか

見当たらず隔世の感がした。

親しき隣人として、労働者交流も活発化してほしいものだと思った。

080929_1802~0001.jpg   080929_1804~0001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

キヨミ姉さんも世界の旅へ。 [お祝い]

井黒キヨミさん82歳。私の実姉である。

地球一周の3ヶ月余の船旅に「原爆語り部の一員」として参加する。

9月4日の横浜港出発を前に、身内が相集い激励の壮行会を開催した。

年齢よりも若い力を十分に発揮し、持ち前のユーモアと何があっても

くじけない強さを駆使して、若者たちともよく交わり、アメリカによる一発

の原爆投下によって、被爆者たちが受けた肉体的、精神的な苦しみと、

結婚や就職差別、仲間ができないための孤独、生活苦、絶望からの

自殺など、多くの苦闘の事実の中から立ち上がり、仲間をつくり、組織し、

力をつけて政治を動かし、苦難を克服して、核廃絶、戦争反対、

「世界平和は長崎から」「長崎を最後の被爆地に!」との到達点までを、

身を持って未知の世界の人々に教え、伝えてきてくれるものと思う。

与えられた任務を十分に果たし、明るい笑顔で帰って来ることを

祈っている。

080825_1212~0004.jpg  080826_2026~0001.jpg
060730_0907~0001.JPG  060730_1824~0001.JPG

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。